« Creating Garden : 梅雨明け そして 夏 : Meg's Garden | トップページ | School Garden : 夏の花 A »

2009年7月22日 (水)

Creating Garden : 夏向け : Sue's Garden 2009

07222
                                  2009.7.16

3年前にご相談を受け、毎年季節の手入れに伺っているSueさんのお庭。先月夏苗を植えつけたので、様子を見に伺いました。

こちらは、オオムラサキツツジと高木が植えられていた場所を草花も楽しめる空間にしたことが、最初でした。そのときのことは、こちら12

07226

お家の中からの眺め

雨水枡の上にローボウルのコンテナーを置きましたが、ちょうどお部屋から見ると、バランスの良い位置でした。

07223

今年も、日陰でも花を咲かせるインパチェンスをこの場所に使っています。斑入りヤブランは、葉の長さが長くなりました。噴水のような形を作り出しています。カラジュームも毎年使っています。夏から秋まで楽しめるようです。

07224

比較的、日差しが差し込む角には、ポーチュラカ、べゴニア。ラバテラ、ダリアなどを植えています。この時は、まだ梅雨が明けていない頃でしたので、日光大好きの植物は、未開花。

07225

Impatiens walleriana

エントランス前のコンテナー。北側の場所です。ここもインパチェンスの出番。これは、ダブル咲きと呼ばれるまるでバラのような花形のタイプ。植え付けた時は、お花はほとんどなかったのですが、1ヶ月経つと、しっかりと花を咲かせていました。

この1ヶ月、梅雨の雨をいただいて、しっかりと根が生長したのでしょう。これからの夏に耐えるために、夏苗の切り替えは6月に済ませて置くことがベストだと考えています。夏になってからでは、苗のコンディションが心もとないのです。


|

« Creating Garden : 梅雨明け そして 夏 : Meg's Garden | トップページ | School Garden : 夏の花 A »

□Creating Garden」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Creating Garden : 梅雨明け そして 夏 : Meg's Garden | トップページ | School Garden : 夏の花 A »