« 季節のBlooming Flower : 椿 水吉 | トップページ | 暮らしの中のMy Work : Wool Tea Cosy »

2009年3月28日 (土)

季節のBlooming Flower : 椿 王昭君

03171

Camellia japonica 'O sho kun'  1966

我が家で育てた椿が先日一輪開花し、ツバキの良さをしみじみ感じています。なんといっても、寒いのに蕾を膨らませて開花するその生命力。それを見ると、「春から私も元気にパッとがんばらなくちゃ。」と感じる今日この頃。

先日、久しぶりに自転車を飛ばして近くのナーセリーに出かけてみました。ここは、敷地が広く、植物園のようなところ。あらゆる植物がありますが、温室にあるツバキは今が盛りでした。美しく咲いた一年に一度の花を見せてもらおうとじっくり見ていると、「ん~おうちに持って帰りたい。」という気持ちに。挿し木苗は値段も手ごろなので、一鉢気に入ったものを。ツバキは「冬のバラ」といえる存在感。

03281

花びらは、パウダーピンク。バラよりも厚みのある花びら。よく見ると、色の少し濃い絞りのような筋が入っいる部分もあります。花形はシャロー カップ。ツバキの分類でいえば、千重咲き。1966年 兵庫県で作出。ツバキ '酒中花' の枝代わり。

名前の「王昭君(おうしょうくん)」の意味は、調べると、中国の四大美人の一人の名前でした。(どうりでかわいいツバキだと思った。)

紀元前の漢の時代、元帝の後宮にいた美しい王昭君は、多くの女性たちが画工に賄賂を渡して、美人に描いてもらっていることに反感を持ち、賄賂を渡さずにいると、画工は、彼女を醜く描いてしまったそう。隣国からの申し出で、お嫁さんを紹介することになり、元帝は、肖像画で醜く描かれていた彼女を嫁がせることに。しかし、最後に会った、本人が顔を上げると、とてもきれいな彼女に皇帝は、驚き、「しまった。」と思い、そのからくりを知ったそう。画工は、罰せられ・・・・などその後嫁いだ後の話もいろいろと残っている人のようです。
ツバキの名前から今まで、知らなかったこと知る機会に。

海外のサイトで Camellia と検索すると、海の向こうで品種改良された華やかなツバキがたくさんあり人気を呼んでいることに驚いています。なかなか、咲いているのを見たことがないので、「逆輸入の外国産ツバキ園」なるものがあったら、冬の寒い時期でもいそいそと楽しみに見に行くんだけれど、などと夢のカメリア ガーデンをイメージしてみたりしました。

03291

あのシャネルもカメリアをコサージュなどのモチーフに使っているようにその完成された花形と冬の存在感は、海外でも認められているツバキ。

私は、ベランダ園芸なので、鉢植え栽培で気に入ったものをじっくり育ててみたいと思っています。また、手入れ作業などをしたら、紹介します。

|

« 季節のBlooming Flower : 椿 水吉 | トップページ | 暮らしの中のMy Work : Wool Tea Cosy »

□季節のBlooming Flower」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季節のBlooming Flower : 椿 水吉 | トップページ | 暮らしの中のMy Work : Wool Tea Cosy »