« 季節のBlooimng Flower : ウメ : Ume | トップページ | Creating Garden : Meg's Garden 15 »

2009年2月10日 (火)

暮らしの中のMy Work : 乗り物プリントのカーテン

02082_2

Curtain for boy's room

10年以上前に乗り物好きの息子部屋に作ったカーテン。今となっては、色あせてきておりますが、もうちょっといいかな、と思っています。結構、きちんと作ったつもりのカーテンです。ちゃんと左右で、柄の高さがそろっているでしょう。

なかなか、カーテンの正式な作り方というものは、技法が出回っていないのですが、1996年にイギリスのDorling Kindersley社から出版された"101 ESSENTIAL TIPS : SOFT FURNISHINGS" という本を翻訳した誠文堂新光社の『101 手作り室内装飾品』という本がそのころ当時手に入ったので、自分で図面を作りながら、作りました。

この本は窓のサイズがどうであれ、基本的なカーテンの作り方が詳細写真図とともに解説されていました。すべての材料が近くの手芸店でそろうわけではなかったので、私はユザワヤのカーテン売り場で、へディング テープ、フック、裾に入れるひも状のウェイトなどを揃えました。生地は男の子の好きな乗り物のイラストがプリントされているローラ アシュレーのカーテン生地。

02086

コットン プリント一枚では、遮光性や保温性も少ないので、裏地付きにしました。表地よりも一回り内側に裏地がつく感じです。裾は表布より4cm短い仕上げ。表地の裾には重りのテープ ウェイト テープが入っています。

02085

ヘディング テープを上部に縫い付けたあと、3本の紐を絞り、出来上がり寸法にします。テープには、フックを入れる溝がついています。

02083

タッセルは、裏布を使って作ったパイピングを入れ、ステンレス リングをつけました。

なんとか、裏布つきのコットン カーテン出来上がり。ひだは、ギャザーを寄せたような感じなので、カジュアルなイメージです。ミシン針、ミシン糸は、ヘディング テープを縫い付ける時は、厚手用のものを使うのがコツ。

|

« 季節のBlooimng Flower : ウメ : Ume | トップページ | Creating Garden : Meg's Garden 15 »

◇暮らしの中のMy Work」カテゴリの記事

ハンドメイド」カテゴリの記事

子供」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季節のBlooimng Flower : ウメ : Ume | トップページ | Creating Garden : Meg's Garden 15 »