« Visiting a Garden :いつかシリーズ : ヴェルサイユの庭 | トップページ | Container Gardening : ハボタンの寄せ植え Ⅰ 2008 »

2008年12月 6日 (土)

Container Garden : かわいいシクラメン : Meg's Entrance

12042
 Cyclamen

先週、シクラメンをいくつか買いに行きました。凛として花首をあげ、葉は、防寒でもしているように花茎のまわりを覆って、土の面を隠してくれているシクラメンは、一鉢でも冬場バランスがいい植物だなと思います。以前に夏越しさせたガーデン シクラメンが外でどのくらいの時期に咲いたかというと、2月の中旬からでした。その頃は、寒いけれど、日差しが力強くなってくる時期。だから、今の時期のシクラメンは暖かい温室で開花調整してもらって出てきているので、極端な寒さにはあてないように、また、太陽の光を浴びれる場所の置いてあげたい植物。(耐寒温度5~7℃)
このシクラメン、一番気に入ったもの。離れてみると、明らかに他のシクラメンよりもぽってりと花が咲いていました。よく見ると、普通のシクラメンの3倍は花びらがあるのです。「八重咲き」というタイプも入手したのですが、それよりももっと花びらがたっぷりです。

12043

シクラメンの色は、白、薄ピンク、濃いピンク、赤、紫みのあるもの、エッジが赤いもの花芯近くが赤いものなど、いろいろあり、またまた、迷いました。選んでいると外が暗くなってきたので、「困ったな。」と思っていたら、薄い色、明度の高い白、薄ピンクなどが際立ってきました。クリスマスやお正月向けにヴィヴィットな濃いピンク、赤などのシクラメンを絶対に買って帰ろうと思ったのに、大変更。「早く暗くなる冬の寒い夜にポッと浮かんぶ花もいいな。」と考え白や薄ピンク、白に赤いエッジの入るタイプにしました。

これを少し寄せ植えにして、Megのお玄関のWelcome Plantsに。

| |

« Visiting a Garden :いつかシリーズ : ヴェルサイユの庭 | トップページ | Container Gardening : ハボタンの寄せ植え Ⅰ 2008 »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Visiting a Garden :いつかシリーズ : ヴェルサイユの庭 | トップページ | Container Gardening : ハボタンの寄せ植え Ⅰ 2008 »