« School Garden : 200球のチューリップ | トップページ | Visiting a Garden :いつかシリーズ : ヴェルサイユの庭 »

2008年11月28日 (金)

The Roses : Wisley 2008

1128

Rosa Wisey 2008 'Ausbreeze'

RHS(英国王立園芸協会)に入ると、イギリスから『THE GARDEN』という月刊誌がはるばる届きます。届くとビニールを開け、きれいな花の写真や庭の写真、泥だらけで土を掘っている人の写真など、また何やら記事を書いている人のタイトルなどを斜め読み、海を越えて伝わる園芸熱に私も当てられ、パタッと一読終えます。

辞書まで引いて、意味を調べることはまれなのですが、今年2008年のApril 号のRHS Newsのページにピンクのロゼット咲きのバラの写真があり、これは?っと、じっと見つめ、読みはじめて、あれっと思ったこのバラにまつわる話を紹介。

New and improved Wisley rose 「新しく改良されたウィズリー ローズ」

2004年のRHSの200年を記念して、David Austin Rosesによって紹介されたイングリッシュ ローズ Rosa Wisley ('Ausintense') は、より優れた品種に替えられた。テクニカル マネジャーのM,Marriotによれば、主な理由は、オリジナルの花が下に向いてしまうことから。彼が言うことには、何年間もやってみたが、期待に沿わなかった、とのこと。

代わりの品種は、R.Wisley 2008 (Ausbreeze')、イングリッシュ ムスク ハイブリッド、パーフェクトに整ったソフト ピンクの花びらを持つロゼット咲きで、ブッシュ状に茂り、とてもよい香り、その上、すばらしく丈夫であると紹介されている。

このバラは、2008年5月20~24日開催のチェルシーフラワーショウで紹介され、その後、RHS プラント センターで販売される。

との記事でした。
      参考文献 : 『THE GARDEN』 April 2008 RHS News

どんなバラなのかなぁと思っているとチェルシーよりも先に開催された5月11日からの日本の国際バラとガーデニングショウにこのバラが公開されることを知り、会場を探し、教えてもらってたどりついたウィズリー 2008の前。

床にポット苗で置かれていたので、案外目立っていない感じでしたが、楚々とした上品な風情は、前作とはイメージが違うバラ。

写真の花の大きさは、7cmぐらいだったでしょうか。大器晩成の貫禄なのか、本当にひっそりとしていました。香りもかいだのだけれど、今は記憶のかなた。

これからこのバラを育てる人が増えていくと、本当の評価が各地で聞かれるのでしょう。

|

« School Garden : 200球のチューリップ | トップページ | Visiting a Garden :いつかシリーズ : ヴェルサイユの庭 »

□The Roses」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« School Garden : 200球のチューリップ | トップページ | Visiting a Garden :いつかシリーズ : ヴェルサイユの庭 »