« Container Garden : ハボタンの寄せ植え 2007-2008 冬から春 | トップページ | Useful Tools : 銀色のやかん »

2008年11月 6日 (木)

暮らしの中のMy Work : ベビー シューズ

1106
Their first baby shoes

11月は、子どもたちが生まれた月。この時期になると、その日の天気や気温、あたりの景色など、必ず思い出します。そんな彼らが、お外に出れるようになるのは、真冬だったので、毛糸で作ったベビーシューズを足先にはかせていました。
製図は 山縣 真弓さん著 『わたしの愛しいべビー 四季のニットとソーイング』 日本ヴォーグ社刊


底を鈎針で編み、側面は、棒針でガーター編み。今、思うと「へぇ~」と思うような作り方。実用的なベビーシューズであったことは、確か。

生まれるまえに作っていた子どものものは、ほとんどが、生成り フランス語で ECRU エクリュ。だいたいの性別はわかっているものですが、「もしや。」のためのニュートラルな色。そして、無垢なイメージの彼らには、やはり最初は ECRU がふさわしいと思いあれこれ、準備しました。ほとんどのものは、もう残っていませんが、このベビーシューズは思い出にとっています。


|

« Container Garden : ハボタンの寄せ植え 2007-2008 冬から春 | トップページ | Useful Tools : 銀色のやかん »

◇暮らしの中のMy Work」カテゴリの記事

ハンドメイド」カテゴリの記事

子供」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Container Garden : ハボタンの寄せ植え 2007-2008 冬から春 | トップページ | Useful Tools : 銀色のやかん »