« 季節のGarden Work : 来春のための種まき | トップページ | The Roses :赤い実 : フランシス E. レスター 2008  »

2008年10月21日 (火)

季節のGarden Work : チューリップ集め

10221

Tulipa ' Violet Beauty'

最近、いろいろ用事もあり、ばたばた毎日が過ぎますが、もうそろそろ、来春の花壇計画をちゃんと紙の上で考えないといけないな、と思う今日この頃。

先月、園芸店に行くと、球根売り場が大きくとられ、いっぱい球根がおいてありました。とりあえず球根の珍しいものだけは、手に入れておきました。

タキイ種苗から出ている名前 「ラベンダー ブルー」。ラベルの写真は、かなりラベンダー色です。品種名は 'ヴァイオレット ビューティー' でインターネットで検索すると、もう少しピンク味のある紫になるようです。

確かに、チューリップの青みのあるシングル咲きというのを私も待っていました。パンジーの'インペリアル フロスティー イエロー'は、春にふさわしい生まれたてのひよこちゃんのような色で、毎年種から育てているもの。これに合わせるチューリップ、下のどれが合うと思いますか?

1021810217

1021112102111_2

10219

T. 'White Parrot'

左上の紫は、きれいですが、パンジーの柔らかさには、少々きつい感じ。
右上の黄色は、Yellow on Yellow 彩度差のある組み合わせ。まあ、△ぐらい。
左下の赤は、幼い感じ
右下のピンク、ニューデザインという斑入り葉で花びらもぼかしのあるタイプ。かわいいけれど、プラスチッキー!

そして、花びらにぎざぎざがある白のパーロット(おうむ)咲き。色が弱すぎますね。

などなど、過去の組み合わせを見てみると、非常にいつも苦労していることがわかります。これは、パンジーの花色の幅は、色相環 ぐるりと無彩色の白から黒に近い紫まであります。これに対して、チューリップは、紫以降の青までの色がないので、パンジーとの補色の組み合わせに使えなかったからです。

今回のようなものが出てくるならば、限りなく青に近いチューリップというのが、これから出てくるのかな。

10213

2008 Spring

これは、自宅マンションの北側の駐車場にある5つのサークル花壇の今年の春の様子。毎年、ここにいろいろな組み合わせで、花を植えています。来春は、黄色のパンジーにラベンダー色のチューリップを合わせてみよう。

|

« 季節のGarden Work : 来春のための種まき | トップページ | The Roses :赤い実 : フランシス E. レスター 2008  »

ガーデニング」カテゴリの記事

□季節のGarden Work」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季節のGarden Work : 来春のための種まき | トップページ | The Roses :赤い実 : フランシス E. レスター 2008  »