« Glassware Collestion : パート ド ヴェールの花器 | トップページ | Visiting a garden 13 : 新丸ビル オープン テラス »

2008年9月19日 (金)

暮らしの中のMy Work 30 : リバティー プリントのスモック ブラウス

09194_2

"Floribunda" LIBERTY

ここ最近ガーデニングの時、デニム素材の服で全身たくましく固めているので、反動からか、お休みの時は、ゆったりしたものが着たい今日この頃。

先日、二子玉川のホビーラ ホビーレさんに行くと、日本でプリントとしたリバティーの布があり、私も作ってみることにしました。「フロリバンダ」という名前のプリントの生地です。バラの好きな方はピンとくると思いますが、フロリバンダとは、バラの分類名。比較的新しいバラのグループ。中輪、房咲き、ふわっと開くようなお花です。ポピュラーなものだと 「アイスバーグ」、「サマースノー」、「プリンセス オブ ウェールズ」、「フレンチ レース」など私も育てたことのあるバラが続々と出てきます。

モチーフとなっている植物は、

バラが数種類。ベリー類のレッド カラント、ブラック ベリーなど数種類。アベリアのような枝の長い植物など他に葉もの。

09193_2

生地を広げ、目を細めると、卵型の模様が繰り返されているように見えます。こういう幾何学的なパターンが隠されている所が、さすがにLIBERTY!

09192

最近、久しぶりの洋裁ブームのようで、書店に行くと、型紙つきの本がいっぱい並んでいます。
私は型紙は、文化出版社刊 月居良子著 『大人のクチュール Stylish dress book 着こなし自由な ワンピース×チュニックブラウス』の中のスモック ブラウスを使いました。

09191_3

Smoke Blouse     

ちょうど、フランスにいる画家がコットンで作ったこんなブラウスを着ているようなデザイン。前立て下の胸下中央のギャザーはどうやって作るのか,前からの疑問でしたが、前身ごろを '逆T字型' に切り開くというテクニックで、案外簡単にこの部分をクリア。

ミシンは薄地用の針と糸を使用。

襟ぐりやそでぐりにバイアス テープを使いました。着てみると、ウエストまわりがゆったりだったので、後ろにバイアステープを紐にしたものを縫い付けてボリュームを押さえられるようにしました。

ゆっくり作ればいいのだけれど、どうも最近一日で仕上げたい人になってしまいました。深夜までかかって、完成。

今日は、ジーンズの上に羽織って見ると、絹のようなリバティーのコットン 「タナ ローン」は、光沢があり、さすがに軽く、さらりとして、とても優しい着心地。

|

« Glassware Collestion : パート ド ヴェールの花器 | トップページ | Visiting a garden 13 : 新丸ビル オープン テラス »

◇暮らしの中のMy Work」カテゴリの記事

ハンドメイド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Glassware Collestion : パート ド ヴェールの花器 | トップページ | Visiting a garden 13 : 新丸ビル オープン テラス »