« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月23日 (土)

Beautiful Books : ながいながい旅

08231

 久しぶりに絵本を買いました。「最近は、どんな本が並んでいるのかな。」と思って、書店の本棚をじ~と眺めていると背表紙に「『ながいながい旅 エストニアからのがれた少女』 絵 イロン ヴィークランド 文 ローセ ラーゲルクランツ 岩波書店」 と書かれた本に目がとまりました。

「ヴィークランド・・・どこかで・・・」と思いながら本を引き抜くと、「あっ!ロッタちゃんの挿絵を描いた人だ!」と気付き、すぐに読ませてもらいました。エストニアという国は、北欧のフィンランドに近いバルト海にある1991年にソビエトから独立した国です。それまでに大国ソ連、そして第2次大戦中のドイツにより、苦難の歴史を歩んできています。お話の中の少女はヴェークランドさん自身で、故郷エストニアから追われるように出国していった様子、亡命先のスウェーデンで絵を描くことに目ざめ、ひたすら取り組んでいった様子などが語られていました。

読みながら、涙がにじみました。それは、「底抜けに明るいロッタちゃんの絵を描いた方がこんな思いをしてきたのか。」と思い、やっとその「平和な暮らしの描写の意味」がわかったからです。

愛犬とのシーンも孤独の中、どれほど愛情を注いだかを物語るように描かれています。

子どもと戦争のことを話すことも多かった夏休み。自分の国のことだけでなく、様々な時代、場所でそして今も戦争が存在していることを心にとめることが私たちも必要と感じる今日この頃。この絵本はそんな気持ちにぴったりとはまりました。

ロッタちゃんのお話の絵本は、寝る前に読むには長ーいのですが、娘が非常に面白がり、よく一緒に読みました。作者のアストラット リンドグレーンの不思議な魔法にかけられたように子どもも、絵本の中の自由な心の子ども達に共感を抱きながら楽しんだよう。

赤い自転車、おにいちゃん、おねえちゃん、ブランコびゅんびゅん、ブタのぬいぐるみ バムセ、おいしそうなミートボール料理やバースデーケーキ。赤い板壁に白い桟の窓、お花、インテリアなどなど。

北欧の暮らしのエッセンスをヴィークランドさんは丁寧にそして底抜けに明るく伝えてくれました。


| | コメント (0)

2008年8月21日 (木)

Visiting a garden : ブドウ棚のある庭

08213

Miyajima     2008.8.15

私の父は、山好きなのですが、実は海にあこがれていたらしく、海の見える場所に家を持ちました。住んでからわかったことは、「眺めがいいイコール風当たりが強い。」ということ。台風の被害を受けたこともありましたが、今は慣れたようで「その時は、その時。」という感じで、のんびり母と暮らしています。

08211
 
住み始めた頃、夏場はやはり暑いので父は、陽射しよけに今でいう「パーゴラ」を丸太を使って自分で作りました。最初は、フジ。そして今はブドウ。

フジでもブドウでも室内から見ると、葉が透けてきれいです。フジはアリが巣を作ってしまい、やめました。そして、数年かけて一本のブドウをリビングの窓から隣の和室の窓の上を覆うほどに育てました。

「観賞用!」と断言していますが、毎年、いろいろと対策を取りながら、やっぱり実のなるのを楽しみにしています。
今はブドウが実ってきているので特に満足そう。朝の新聞をこのパーゴラの下に椅子を出してゆっくり読んでいました。

08212

私も背伸びして、一粒、また一粒と下から実をつまんで食べてきました。帰省中、どんどんブドウの実が濃く色づき、帰る頃には甘くなっていました。

| | コメント (0)

School Garden : 虫たちと花々

08209
                                     2008.8.20

 久しぶりにSchool Gardenに行ってきました。今年の夏越えは大丈夫そう。近所の方が乾いた時に水をやってくださっていたので、元気だったよう。

少し手入れしましたが、虫達がかなりたくさん飛んできていることに驚きました。

Zinia_2

Citrus swallowtail & Zinia

アゲハは、ジニアが大好きみたい。図鑑を見ると、『成虫は赤い花が好き。』:日本の生き物図鑑 講談社
なんて書いてあり、「そう、そう!」と写真を見ながらうなずく私。

Sarubia

Carpenter Bee & Salvia

黒光りして黄色のボアのベストを着ているような大きなハチがサルビア グラニチカ に盛んにアタックしていました。思わず、近寄ってシャッターを押す手が震えるほど、すごい迫力で飛んでいました。

勝手にクマのようにもっさりしているハチだったので「ク マ バチ !」と言ってみたら、当たっていました。

Shoujyou

Dragonfly

こちらは、妙に赤いトンボ。調べるとショウジョウトンボ。竹ざおの先などにとまっていました。

『オスは夏になると、頭から腹の先まで真っ赤に色づく。』 : 同上

そして、BGMはアブラゼミの声。

本当に夏は虫たちが元気にいっぱい活動しています。『ファーブル昆虫記』のセミの項を読んでみようと思っています。


| | コメント (0)

2008年8月19日 (火)

Beautiful things : セミの刺繍入りサシュ

0819

お盆が過ぎ、さすがに日が短くなってきました。西に帰省して東に帰ってきたので、余計に早く暗くなることに気付きました。今年は、昨年の猛暑に比べると、暑いながらも過ごしやすかったように思います。

また、ガソリン代の値上がりの影響でしょうか、外を走る自動車の音が今年は少なかったような。いつもの夏なら、夜、寝る前に車の音が気になるので窓を閉めて、エアコンをつけてたのですが。

おかげで、今年は、夜風や蚊取り線香の匂い、セミの鳴く音を感じながら過ごす晩が多く、ノスタルジックな夏を自宅でも過ごすことができました。

セミの刺繍入りのサシュは、母の友人が南フランス プロバンスの旅行のおみやげにずいぶん前にくださったもの。中にラベンダーの花がカリッと乾燥したものが入っています。いまだに香りがあり、押入れの隅につるしています。ピーター メイルの原作の邦題 『プロバンスの贈り物』 "A Good Year" の映画では、「ラベンダーを線香のように焚いたお皿を夜に窓辺に置いておくと、さそりが来ない。」というシーンがありました。近所にさそりがいないので、実践できませんが、蚊取り線香ならぬ、さそり線香の存在に驚きました。

サシュをいただいた時、「どうしてセミなんだろう?」とその刺繍のモチーフのセンスに疑問を感じましたが、最近ようやく意味がわかってきたような。

南フランスの夏も日本の夏と同じようにセミがあちこちで飛び回り、元気に一斉に鳴き続けるのでしょう。そのセミの力強い生命力をフランスの人は賛美している、という解釈。

そういえば、プロバンサルプリントにもセミをモチーフにしたデザインの布があります。調べるとプロバンスでは、セミは幸福のシンボルだそう。

今、深夜なのですが、耳を澄ますとセミの合唱は、まだ続いています。ということは、そこらじゅう、幸せだっていうことね。


| | コメント (0)

2008年8月 8日 (金)

Visting a garden : 山下公園 2 : 横浜

08087

 7月30日に山下公園に行った時のことです。岸壁沿いは、照り返しがきついので、北側の歩道を歩くことに。

08092

すると銀杏並木の下は、きれいな緑陰。アジサイ 'アナベル'がライム色になっており、斑入りのヤブランやジャノヒゲなどとともに、日陰で涼しげだけれど、暗くならずに雰囲気を明るいものにしていました。

石畳と植栽の縁石は花崗岩。街灯は、クラシックなもの。夏に真っ赤なハイビスカスもいいけれど、柑橘系の色、あるいはそれに白が入るぐらいの色は、頭をすっきりさせますね。


| | コメント (0)

School Garden : Summer Garden B 2008

08082

Hot Color Border 2008 Summer           花壇B

1週間ぶりにSchool Gardenに行くと、ヒマワリが少し盛りを過ぎた頃。「やっぱり咲いていたのね。でも来れなかったな。」と思いながら。今年は、昨年のヒマワリの種を播いたものが早く咲きましたが、やはり少し形質が違ったものが咲きました。新しい種袋から播いたものもまだあります。

08084

ジニアとポーチュラカも懐かしい風情で咲いています。私は、これを「ノスタルジック園芸」と呼んでいます。自分が子どもの時、そう昭和の時代。母や学校の先生、近所の人などが、せっせと咲かせていたような植物。たぶん皆さん種から育てていたと思いますが。そんな、植物は、日本の夏に強く、水遣りも最小限で育っていました。

08081

Zinnia & Cosomos

新しい品種がたくさん紹介されるようになってから、これらの花を身近で見ることが少なくなりました。私も敬遠していた時もありました。けれど、このSchool Gardenにおいては、「季節の花が元気に育ち、花開く。」ということをモットーに考えるようになると、ヒャクニチソウ、ハナスベリヒユ、ヒマワリ、ベゴニア、タチアオイ、グラジオラスなんて植物が本当にこの場にふさわしいものとして上がってきました。


この日もチョウが蜜を吸いにジニアにとまっていたり、ミツバチがブンブン羽音を立てていたりととてもにぎやかな感じ。

夏休みで、肝心なおこちゃまたちはいませんが、元気に花壇は息づいているようでした。

| | コメント (0)

2008年8月 7日 (木)

暮らしの中のMy Work : 空色のバラのコサージュ

08071

 今日は夏の青空が朝から広がっていました。先日、子どもが選んだ白から青磁色、空色に変わるコットン ヤーンで、ブルボン ローズ風のかぎ針で編んだコサージュを作りました。麻で作ったチュニックの胸元につけ、ボトムはジーンズを合わせると、ちょうど青い色がお揃いになりました。

08072

Sky Blue Rose Cosage

作り方は、同じ編み方で編んだモヘアのコサージュで紹介した記事を参考に こちら
今回は花びらを10枚分にしました。ということで最初の鎖編みは67目から。

08073

Senso HALEQUIN                    DMC
これが、使用したグラデーションのきれいなフランス DMC社のコットンとアクリルの入った糸 センソ。色だしの美しさは、さすがフランス!という感じで、選ぶ時に楽しかった。

DMCは刺繍糸の美しさで、大好きなメーカー。つやの良さ、色だしの豊富さ、またDMCの糸を使った作品製作の本などもたくさん紹介して、昔からあこがれ!

| | コメント (0)

2008年8月 2日 (土)

Visting a garden : 山下公園 1 : 横浜

08022

Guradian of water Yamshita park in Yokohama

先日、天気の良い日の午後、山下公園に行ってみました。青い海の方から風がビュンビュン吹きますが、やはり陽射しが厳しい日。こんな日は噴水の水しぶきやビビットな色の花、そして木陰などに足が向いていきます。

噴水の水しぶきは、やっぱり涼感たっぷり。まわりに咲いているのは、フレンチ マリーゴールド。アフリカン マリーゴールドよりも小型です。ここでも元気いっぱいで一番目をひきました。その他の色はペチュニア。

08024

Jardin du Luxembourg          In Paris 8.12.1992     

ここで大昔の写真でお恥ずかしいのですが、パリのリュクサンブルグ宮殿の庭園を思い出したので紹介。ここにも真夏にマリーゴールドをたっぷり使って、植え込みをしていました。ここで使われているのは、大型のアフリカン マリーゴールド。その他、蝶が飛んでいるように咲く薄ピンクのガウラ、赤花のコスモス、三尺バーベナ、フロックスもしくはペラルゴニュームが植え込まれていたようです。

昔、私も今ほど植物の名前を知らず、マリーゴールドの印象だけが強く残っていましたが、今改めてみると、なかなかパブリックな花壇の植え込みといえども、素晴らしいなと思います。ただ列植しただけでなく、いくつかの種類がブーケのように組み合わされ、それが繰り返し使われていることに気付きます。

フランスの庭園はベルサイユ宮殿の庭に象徴されるように幾何学的な庭が多くつくられたので、現代においても植え込みにはある秩序 ルールをもって植え込みがされています。

そこが人為的か否かのところでその後の時代に流行ったイギリスの風景式庭園と比較すると作意的と判断されるのかもしれませんが、私は、ここは、ここでいいと思います。そもそも、同じ自然環境、文化的な背景の同じ場所などこの世に存在しないわけですから。

ただここで言えるのは、夏の暑さに耐える植物を選び、色彩のセンスを活かして選んだ花々の組み合わせ考えた人の知恵と手入れへの労力と努力に対して、「きれいな花をありがとう。」と素直にただ思うのみです。


| | コメント (0)

2008年8月 1日 (金)

季節のBlooimng Flower :マリーゴールド 'バニラ'

08012
Tagets 'Vanilla'         African marigold

 春に種まきして育てたマリゴールド。今、花盛りです。今の季節、マリーゴールドはいろいろな場所で元気に咲いています。花色は、まさしくビタミンカラー。ビタミンカラーとは、黄色、オレンジ、緑あたりの柑橘系のビタミンCたっぷりの果物の色をさします。この花を見ると気持ちがしゃっきり元気になります。

08014

鉢栽培も大丈夫。小さな種一粒が、こんなパワーを秘めているのには、ただただ驚くばかり。初めて育てたわけですが、とても満足していて、来年も種まきしたいと思っています。

種は、Johnsons社(英)のもの。日本のタキイ種苗さんでも扱っています。

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »