« The Rose : シャルロット 2008 | トップページ | 季節のBlooimng Flower :クレマチス ‘エミリア プラター’ »

2008年6月 1日 (日)

季節のBlooimng Flower :クレマチス ‘ヴァイオレット エリザベス’

クレマチスがバラのオベリスクに絡んで咲きました。子どもが「かわった花が咲いている。」と宙に浮かぶように突然開いたこの花のことを言っていました。

05301

Clematis 'Violet Elizabeth'

05303

本当は、一緒に植えてあるバラと同時に咲かせたかったのですがこれは、晩春咲。色は、モーブ ピンク 少しにぶい紫の入ったピンクです。

前年の枝より伸びた今年伸びた枝先に花をつけました。かなり今回は、冬の間、枝を大切にし、なるべくオベリスクニ水平に誘引したのだけれど、枝先が日光のよくあたる枝先のみ、花をつけました。

くり返し咲き性をもつというので、切り戻しをしなくてはと思いつつ、不慣れなクレマチスに頭を???しながら、眺めています。

インターネットで調べると、パテンスダブル系 新旧両枝咲き。頂点一花咲き。四季咲き性。

剪定については、今年の伸びた枝の半分。

とのこと。よくよく、枝を見てみると、もう一つつぼみがありました。このヴァイオレット エリザベスのような品種は枝数が多いといいのかな?と思います。

剪定後、すぐにリン酸、カリ分の多い肥料を与えると良いそうです。

|

« The Rose : シャルロット 2008 | トップページ | 季節のBlooimng Flower :クレマチス ‘エミリア プラター’ »

ガーデニング」カテゴリの記事

□季節のBlooming Flower」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« The Rose : シャルロット 2008 | トップページ | 季節のBlooimng Flower :クレマチス ‘エミリア プラター’ »