« Creting Garden : Louis's Garden 6 | トップページ | Creating Garden : Sue's Garden 4 »

2008年4月21日 (月)

School Garden:チューリップのその後

 今年は、昨年のチューリップの球根も花壇に入れたので、いっぱい植えられました。もうそろそろ、チューリップの後のことも考えておかなくてはいけません。

04211

花壇A                                  2008.4.21
風が吹くと、みんな同じ方向に揺れる景色がのどか。

04214

Mysotis sylvatica 'Victoria Azure Blue'

‘Azure’はフランス語で‘空色’の意味。ワスレナグサの水色はマットな色。こんな色の花はめずらしいと思う。後ろに控えているのが、セントレアいわゆるコーンフラワー。これはダブル ブルーと呼ばれるもの。種から。噴水のように大きくなってきています。ん~頼もしい。

04213

花壇B
Bellis perennis  English Daisy

こちらは、チューリップがほぼ終わり。冬中、ロゼットになって、じっと寒さに耐えていた、デージーもやっとポンポン咲くようになってきました。花言葉は「無邪気」ですって。これは、大輪混合というイングリッシュ デージーの中でも大きな花が咲くもの。白と桃色の花が咲きました。

こちらの背後に控えるのは、カスミソウのコヴェント ガーデンやジギタリス アプリコットディライト、タチアオイのシングル ミックス。いずれも種から。また、昨年からの宿根草やいただきもののへメロカリス、グラジオラスなども控えています。こちらも頼もしい!!

04212

花壇C

一緒に植えてある、パンジー、ビオラが見えなくなるほど、ノースポールやカモミールが大きくなりました。こちらは、急きょ、お手伝いすることになった場所なので、終われば、きっと子ども達の理科用の畑になるでしょう。ですから、チューリップが終わったあと、色ものがなくなること必至。

04215

おうちのベランダでは、種まきをまた始めています。これからが、夏苗の種まきの勝負どころ。気温の低い時に、早播きしたりと、結構失敗もしています。もう一度、播いたりして、どうにか苗の種類と数を増やしたい。

天にお願いしてもう一度、播こう!

|

« Creting Garden : Louis's Garden 6 | トップページ | Creating Garden : Sue's Garden 4 »

□School Garden」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Creting Garden : Louis's Garden 6 | トップページ | Creating Garden : Sue's Garden 4 »