« The Roses : アイスバーグとホワイト ドロシー パーキンス  | トップページ | School Garden:チューリップのその後 »

2008年4月19日 (土)

Creting Garden : Louis's Garden 6

 お散歩の途中でLouisのお庭に立ち寄ってみました。11月下旬に春の一年草と球根類をいろいろなところに植えたので、咲いたかな、と気になって。

04191_2

門を入ると、庭はすっかり、春の緑。西洋芝のミックス種を昨年播いてもらったので、昨年の春先の芝の色より、早めにグリーン。

ウッドデッキの左には、バラ‘サマースノー’が黄緑のきれいな葉色を出していました。これは、当初、つる性として扱うつもりで、伸びたツルをラティスに誘引する計画でした。しかし、昨年の花後の枝の伸びと現在までを見ると、どうもツルではないサマースノーのようです。

しかし、葉色はバラの中ではずいぶん明るいのは確かで、開花した時も、このデッキ上にフワッと白い花が咲き、きれいでした。株元には、パンジー、ビオラ、エリゲロン、スイセンなど。

デッキの右にあるレイズド ベッドには、昨年鉢植えだったオリーブを植えつけたところ。オリーブ自体も新しい葉が出始めていました。

04192

Muscari armeniacum
'Valerie Finnis'

これは、オリーブの株元。ムスカリの水色のもの。名前は、イギリスの園芸家ヴァレリー フィニスより。ここでは、その他は、ツルニチニチソウとパンジー‘インペリアル フロスティーブルー’

04194

新しく昨年作られたレイズド、ベッドには、チューリップ各種。背の高いのがアプリコット ビューティー、ピンクダイヤモンド、そして斑入りのニューデザインなど。

04195

Tulipa 'New Design'

株元にワスレナグサ、ビオラ、ジギタリスなど。

これから、冬の間に地上部が枯れたものも出てきて、もっと葉が茂ってくるでしょう。



|

« The Roses : アイスバーグとホワイト ドロシー パーキンス  | トップページ | School Garden:チューリップのその後 »

□Creating Garden」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« The Roses : アイスバーグとホワイト ドロシー パーキンス  | トップページ | School Garden:チューリップのその後 »