« 季節のBlooming Flower :クリスマス ローズ | トップページ | Creating Garden : Meg's Garden 3 »

2008年3月11日 (火)

季節のGarden Work :イチゴのハンギング バスケット

 先日、近所のホームセンターに行ったら、イチゴの苗を売っていました。いつも、ベランダでは、無理だ、とあきらめるのですが、昨年、ワイルド ストロベリーをハンギング バスケットに使ったら、ちゃんと、実がなったので、今回は、実験を進めて、実の大きな食べ応えのあるいちご作りを目指そうと思い立ち、3ポット買ってきました。

03113

Strawberry Hanging Basket

インターネットで、英語のサイトも調べると、どうも、大丈夫らしい。イチゴは、土に触れない方がいいので、ハンギング バスケット仕立ては、その点いいとのこと。

簡単に紹介すると、

1.直径30cmのココやしマットがライニングされている、ハンギング バスケットにポリエチレンの袋に穴を空けておいたものを敷き込みました。ココやしマットだけだと乾きやすいため。

2.いつも使う赤玉土6、バーク堆肥3、くん炭1の基本ブレンドにパーライトを1ぐらいを入れ、軽く、排水性の良い土を作りました。

03112

3.おいしくなりそうなイチゴの苗を選んで準備(3ポット)し、大きくなることを考えて、あまり縁ぎりぎりに植えないようにしました。

4.それでも、今は、まだ、寂しいので、ビオラ ビビ ピンク アンティーク(3ポット)を寄せ植えしました。

比較的、よく日のあたる場所に吊り下げて・・・。

朝、起きてイチゴの実が赤ければ、一番に見つけた私がガブリ! なんて図を想像すると笑みがこぼれてしまいます。

これは、昨年から我が家でも食べられるようになったおいしいイチゴに出会ったことも一因。

近所の川沿いのお散歩コースに温室でイチゴを育てているお店があり、シーズンには、朝摘みのイチゴを売ってくれます。

このイチゴのおいしさは甘くて、すっきりしていて・・・。お昼前に「売り切れ」に遭遇して、何度、走っていったことか・・・。

一度食べた子どもは、私が他で買おうとすると「いい・・」といいます。

「なぜ?」と聞くと、「あの河原で食べるイチゴほど、おいしいイチゴはない。」からだそう。

それもそうだけど・・・。子どもは正直。

こんなこともきっかけで、私もイチゴ栽培に乗り出したわけです。

なんて、たいそうなことを書きながら、失敗するかもしれませんが、成功したら、また、アップします。


|

« 季節のBlooming Flower :クリスマス ローズ | トップページ | Creating Garden : Meg's Garden 3 »

ガーデニング」カテゴリの記事

□季節のGarden Work」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季節のBlooming Flower :クリスマス ローズ | トップページ | Creating Garden : Meg's Garden 3 »