« 季節のGarden Work :リーガル リリー 植え付け | トップページ | 暮らしの中のMy Work 23 : 真鍮のフック »

2008年1月21日 (月)

Veranda Garden : 冬のビストロ チェアー 

 今は、一年の中で最も寒い時期。でも、時々、ぽかぽかあたたかい太陽が降注ぐときがあります。そんな時、ベランダにマグカップでも持って、気楽にお茶を飲んだりするのもいい気分。

0120

Bistro chair Fermob Fr

木で作られた座面は座るのに躊躇しますが、ご覧のような背もたれカバーとクッションを椅子にかけるようになってからは、むしろ、小春日和を積極的に楽しめるようになりました。

01202

椅子は、フランスのガーデン ファニチャー メーカー Fermob社のビストロ シリーズ。10年もの

01203

このカバーは、アメリカの通販で、見つけたもの。どんな作りか気になっていたところ、セールになって、自分で作るより、安くなったので、「えい!」と購入したもの。残念ながら、現在は、販売されていません。

クッションは、キルト芯を一枚入れたような薄い、生成りデニム地のクッション。滑り落ちないように、マジックテープがついたベルトを、座面の裏で留めます。

背もたれも同じ素材で、袋状に縫製されており、かぶせて装着。背にあたるところには、キルト芯を入れてあります。

案外、普通のものでした。

お裁縫のお好きな方は、自分で出来ると思います。デニムなどの厚地をミシンで縫う時は、糸、針は、必ず、普通地用の糸、針と付け替えましょう。

そうすることで、縫い目がきれいな縫製に仕上がります。

| |

« 季節のGarden Work :リーガル リリー 植え付け | トップページ | 暮らしの中のMy Work 23 : 真鍮のフック »

ガーデニング」カテゴリの記事

□Veranda Garden」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季節のGarden Work :リーガル リリー 植え付け | トップページ | 暮らしの中のMy Work 23 : 真鍮のフック »