« ◇Children's Toy ; Rolly : Sony | トップページ | The Roses :ムーンライト 誘引 2008 »

2008年1月 1日 (火)

Natural Beauty :岳樺

 あけましておめでとうございます。今年も皆様にとってよき年となりますように。
さて、今年の1ページめは、やはり、自然がテーマ。北海道で出会ったハッととするような景色をご紹介します。

01011

洞爺湖の外輪山より眺める太平洋。
午後の太陽の光りが海面に反射し、冬枯れの群生する木々がシルエットとなっていました。

冬の空には、真綿のような雲。

01013

Betula ermanii

そして、これが、今日のお題のダケカンバ。シラカバと同じような白い樹皮です。だけど、ずんぐりした感じ、それから、出ている枝がかなり太く、真横に出ていることが、シラカバとは、明らかに違う風貌。Brother in lawさんが「これは、ダケカンバです。荒地でも生え、このような山の風の強い所でも生えます。」と教えてくれました。

家に帰ってから、手持ちの本で、調べると、「北海道から本州中部以北といった寒い地域に成育します。ブナは山の水分や養分が豊富になってから最後の方に登場する木ですが、カバはその逆です。裸地に他の樹種に先駆けて開拓者のように成育します。比較的日当たりのよい山の尾根近くに見られます。」

「『硬さと緻密さは耐久性の証』 民芸家具として長い年月使われた木」

参考文献:『日本人としてしっておきたい木30種 森の博物館 原物標本』 オークビレッジ発行

このように、書かれていました。北海道の歴史とも相まっている木ではありませんか。たくましい。西日本育ちの私には新鮮な発見。東北育ちで、山の好きな私の両親に言わせてみれば、「そんなことも知らなかったの!」と言われそうですが、亜寒帯の樹木はまだまだ、私にとっては、なじみが少ない。

40年以上生きてきたわけですが、「お正月早々また、新しいことを知った!」とうれしい。

そのようなわけで、今年も好奇心の塊となって、「お外に飛び出そう!」と思っています。

ダケカンバ、皆さん知っていました?


|

« ◇Children's Toy ; Rolly : Sony | トップページ | The Roses :ムーンライト 誘引 2008 »

□Natural Beauty」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◇Children's Toy ; Rolly : Sony | トップページ | The Roses :ムーンライト 誘引 2008 »