« Veranda Garden : 冬のビストロ チェアー  | トップページ | The Roses :石灰硫黄合剤の塗布 »

2008年1月22日 (火)

暮らしの中のMy Work 23 : 真鍮のフック

 家具のことを久しぶりに。冬に家の中にいることが多くなると、「あそこに、フックがあれば。」なんて、いろいろとまたDIY熱が目覚めてきます。金物屋さん、DIYのお店などに行ったときも、「用の美」を持ったパーツから目が離れません。

01211

Clifton Desk by Laura Ashley

これは、オフホワイトのかわいい学習机ですが、側面にフックなどは、ついていません。けれど、ランドセルや手提げ袋は、側面にかけたいものです。

それで、以前に入手していた真鍮のフックを取り付けました。他のつまみは、古色仕上げのブラス。ですから、ピカピカの真鍮よりも、今回、だいぶ曇りの出てきているブラスのフックはぴったり

01213

ということで、間隔もかばんをかけてもお互い触れ合わない所に取り付けました。ネジを使うことが出来たので、実現。中が空洞だったら、ブラスのような思いフックはつけられません。

|

« Veranda Garden : 冬のビストロ チェアー  | トップページ | The Roses :石灰硫黄合剤の塗布 »

◇暮らしの中のMy Work」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Veranda Garden : 冬のビストロ チェアー  | トップページ | The Roses :石灰硫黄合剤の塗布 »