« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

暮らしの中のMy Work 24 :パイピング クッション

 先日、東京国際キルトフェスティバルに行き、クッション用の生地を見つけました。地色は、エメラルド グリーン、バラのブーケが散らしてあり、アカヌケタプリント。外国のものかな?久しぶりにミシンを出して、夜なべして作りました。パイピング クッションの一貫した作り方の載っている本はなく,洋書も駆使して、何回か作っています。紹介させていただきますが、途中微妙な所は説明不足です。お許しください。本当に作ってみたいと思われた方は "Mail me !"➡2016年1月8日 ファスナー付けの詳しい記事を書きました。ご参考に こちら

01311

De Tout Coeur デ トゥー クール この早苗さんのブースで見つけた生地です。

太芯パイピングを使い、脇は、ファスナーをつけました。どちらも手芸屋さんにあるもの。中身は、ローラ アシュレーで販売されているフェザー クッション。

それは、「43cm×43cm」となっていますが、カバーは、幾分それより、小さく作るほうが、出来上がりが、パンパンとして、きれいです。私は、縫い代は、4辺にそれぞれ1cmとり、実寸40cm角となるようにしました。

01314

角のアールは、こんな感じで製図し、型紙を作りました。その後、裁断

01313

ファスナーを取り付ける辺のみ、最初にパイピングを縫います。ミシンの押さえをファスナー用の押さえ金にします。他の辺は、まだ、縫いません。

01315

ファスナーは50cmのものを36cmにしました。下留めの位置をずらしました。昔、母は、この作業を手芸屋さんにしてもらっていました。自分でも目打ちを使ってできますが、きれいに仕上げる時は、頼んだ方がいいです。

待ち針、しつけ糸で、ファスナーの付け位置を留めてから、ミシン縫い。反対側もに留めます。

あとは、残りの3辺を生地の間に、パイピング芯を挟み込んで、ぐるり縫います。

01312_2

出来上がった時は、真夜中。朝、前に使ったクッションと重ねて太陽の光りの中で、再会。

あ~作ってよかった。かわいいかわいい。パイピングの色をグリーンにし、他のファブリックともお揃いオリジナルクッションの完成。


| | コメント (2)

2008年1月30日 (水)

School Garden:今年の課題

 今年も毎週一回は、School Gardenに通っていますが、植え込んだ、ビオラは、葉の色が紫で、写真にとると、やっぱり、茶色の景色であります。けれど、スイセンは、またまた私にとっての新発見の日本スイセンのダブル咲きのような(くずれている)ものも咲いていたりして、おもしろいでね。今期3種類め

01300

01303


さて、今年の課題をまとめてみようと思います。とにかく、夏以降の花壇については、植物の選択はよく考えていこうと思っています。種まきの都合や、苗の注文もあるので、先日も考えていたところ。夏の暑さを乗り切れるものを少しでも選びたいです。

それから、花壇の背後の樹木の株元。いつも手前ばかりになり、背後は、いつのまにか、雑草が生える場所なので、草刈りを再々してもらっています。あまり、草花はもう私も手一杯で植えられないので、ここをグラス フィールズにでもしたいと考えています。グラス?と調べたり、園芸の先生に聞いてみたりしますが、種はどこで?とか、やっぱり雑草に見える?などと種苗会社のカタログを調べたり、していましたが、

01302
     

なんと、ここで、芝の種が風で飛ばされ、たまったところで発芽したようなふさふさのグラスを見つけました。これは?と思って根こそぎ、引っこ抜き、株分け。といっても今は、一番寒い季節。植えつけるには、早すぎて、もう少し、あたたかくなってから、するべきだったかなと一週間、心配していましたが、

01304

強い、強い!なんとか大丈夫。ふさふさが風になびくのって、いいですよね。この点在するグラスが広がると、いいな。ハナビシソウやアグロステンマなどの野の花の種を振りまいて、ここは、野原チックになるといいな!と夢を膨らませております。

グラスは、たぶん、私がまいて飛ばされたケンタッキー ブルーグラス 'ムーンライト'の伸び放題の姿ではないかと考えられます。

| | コメント (0)

2008年1月23日 (水)

季節のBlooimng Flower :In The Snow

朝、カーテンを開けると、小雪がひたすら降っていました。これからもっと降るぞ!というような勢いで。いつもは、時間ぎりぎりに起きる子ども達も今朝の目覚めは違っていました。「やった~!」と言いながら、うれしそう。

01231_2

Viola × wittrockiana 'Imperial apricot antique shade'

「私、寒いの。」とパンジーさんが言っているように見えます。

01232

Viola Vivi Lavender antique shade

ピョン 「僕は元気だよ!」とビオラ

01233_2

Container for Holiday season 2008

年末年始用の寄せ植え。雪が解けてきたところ。「みんなで、くっついていましょ!」とハボタン母さんが言っています。

こんな感じで、花たちも今日は、じっとしていました。

| | コメント (0)

The Roses :石灰硫黄合剤の塗布

 今日は、17本のバラ 2本のクレマチスに石灰硫黄合剤を塗りました。散布ではなく、塗布にしています。マンションなどは、床、壁を汚してはいけないので、なるべく、飛び散らないようにしたいからです。薬剤の混ぜ方は昨年の記事を参考にこちら
紹介している量はたくさん薬ができます。バラのほか、クレマチスなどにも今の時期使用できますが、バラのみ数本の方は、ぐっと減らしてください。(例)7倍に薄めるというこては、硫黄石灰合剤1に対して水が7という比率。30cc(薬)×7=210cc(水)

01222

Rosa 'Climbling Iceberg'     Climbling Floribunda 1968, Britain

つるバラに塗る場合は、ペンキ道具のところで見つけた刷毛を延長ポールにネジでとめるものを使いました。これだと、ずいぶん上にある枝にも下から薬を塗れます。

01215

液が垂れると薬が強く シミや腐植を起こすので、周囲が汚れないようにカバーをかけました。それから、肌に薬が触れないよう、自分にもガードをしっかり。目をガードのため、今日はメガネ(薬剤散布用のゴーグルの方がもっと良い。)

01221
Rosa 'Coupe d'Hebe'

誘引前のつるバラなどは、枝をまとめて一気に塗りました。

ということで、つるバラ 7本、ブッシュ ローズ 6本、ミニバラ 4本 本日 終了

| | コメント (2)

2008年1月22日 (火)

暮らしの中のMy Work 23 : 真鍮のフック

 家具のことを久しぶりに。冬に家の中にいることが多くなると、「あそこに、フックがあれば。」なんて、いろいろとまたDIY熱が目覚めてきます。金物屋さん、DIYのお店などに行ったときも、「用の美」を持ったパーツから目が離れません。

01211

Clifton Desk by Laura Ashley

これは、オフホワイトのかわいい学習机ですが、側面にフックなどは、ついていません。けれど、ランドセルや手提げ袋は、側面にかけたいものです。

それで、以前に入手していた真鍮のフックを取り付けました。他のつまみは、古色仕上げのブラス。ですから、ピカピカの真鍮よりも、今回、だいぶ曇りの出てきているブラスのフックはぴったり

01213

ということで、間隔もかばんをかけてもお互い触れ合わない所に取り付けました。ネジを使うことが出来たので、実現。中が空洞だったら、ブラスのような思いフックはつけられません。

| | コメント (0)

2008年1月21日 (月)

Veranda Garden : 冬のビストロ チェアー 

 今は、一年の中で最も寒い時期。でも、時々、ぽかぽかあたたかい太陽が降注ぐときがあります。そんな時、ベランダにマグカップでも持って、気楽にお茶を飲んだりするのもいい気分。

0120

Bistro chair Fermob Fr

木で作られた座面は座るのに躊躇しますが、ご覧のような背もたれカバーとクッションを椅子にかけるようになってからは、むしろ、小春日和を積極的に楽しめるようになりました。

01202

椅子は、フランスのガーデン ファニチャー メーカー Fermob社のビストロ シリーズ。10年もの

01203

このカバーは、アメリカの通販で、見つけたもの。どんな作りか気になっていたところ、セールになって、自分で作るより、安くなったので、「えい!」と購入したもの。残念ながら、現在は、販売されていません。

クッションは、キルト芯を一枚入れたような薄い、生成りデニム地のクッション。滑り落ちないように、マジックテープがついたベルトを、座面の裏で留めます。

背もたれも同じ素材で、袋状に縫製されており、かぶせて装着。背にあたるところには、キルト芯を入れてあります。

案外、普通のものでした。

お裁縫のお好きな方は、自分で出来ると思います。デニムなどの厚地をミシンで縫う時は、糸、針は、必ず、普通地用の糸、針と付け替えましょう。

そうすることで、縫い目がきれいな縫製に仕上がります。

| | コメント (0)

2008年1月20日 (日)

季節のGarden Work :リーガル リリー 植え付け

 年末にあこがれのリーガル リリーの球根がタキイ種苗より届きました。ようやく、1月15日に植えつけ。大丈夫かな。

01171

Lilium regale Regal Lily

 昔から、イギリスの個人のお庭で鉢植えで栽培されている写真で見て、いつかは、と思っていました。実際、見たことはないので、形容するのには、表現不足かと思いますが、テッポユリのような素直な花のラッパの付け根から花びらの先まで、すっとえんじorピンクの斑が入ります。

イギリスのガーデン デザイナーのジョン ブルックス氏の本には、
「この優雅なユリは夏のボーダーに上品な感じをもたらします。コンテナー栽培にも適しています。L.regaleは、夏の半ばに大きくて、白い花を咲かせ、とても素晴らしい香りを漂わせます。日当たりと排水性の良い土で育てます。25個までのろうと状の花を咲かせます。2m高さ。」と紹介されています。

タキイの球根の説明には、「開花期6月中下旬、植え付け 11月~12月、高さ約60~150cm」と書いてありました。

01152

直径25cm、高さ28cmのDeroma デローマ社のトール ポットを使用。
ユリの球根(鱗茎)は、下根は体を固定し、上根で水分や養分を吸収するため、鉢は高さのあるものを選びました。

用土は、赤玉6、バーク堆肥3, クン炭1を用い、鉢底石、鉢の3分の1ぐらい用土を入れたあと、球根を3球植えました。

01151

リガール リリーは、房咲きになり、上部にボリュームが出ると仮定して、これ以上の数は、入れませんでした。

さあさあ、これもまた、楽しみです。


| | コメント (0)

2008年1月17日 (木)

Natural Beauty :株立ちの落葉樹

 近くの樹木園に出かけました。株立ちの落葉樹、しっかり葉を落としているので、樹形がよく見えます。

01102

Amelanchier arborea
バラ科 アメリカザイフリボク  分布 アメリカ合衆国中・東部 花期 4月中旬から5月

01103

Stewartia monadelpha
ツバキ科 ヒメシャラ 分布 日本(箱根~紀伊、四国、九州)  花期 6月中旬から7月中旬

01104

Ilex macropoda Miqel
モチノキ科 アオハダ 日本(東北) 

01172

Styrax japonica
エゴノキ科 エゴノキ 日本各地(日高以南)、朝鮮、中国 開花 5月中旬から6月頃

どれも、きれいな木です。昨年の秋から、相談ののっているMegのお庭のための樹です。花の時期、実の色と有無、紅葉のことなど、それぞれの特徴をよく知ってから、何が一番ふさわしいかを決めていくところです。

| | コメント (0)

2008年1月16日 (水)

The Printings : ガーデン&ガーデン

 一昨年、ベランダ ガーデンの写真を雑誌社に投稿したら、編集の方から連絡いただき、お目にとまったことを喜んでおりました。ちょうどその年はThe International roses & Gadening show の年でしたので、延期となりました。そして、昨年5月、とうとう取材の方が来られることになり、私もいろいろ準備をして、その日に備えました。

01162_201161_3
 ガーデン&ガーデン vol.24 エフジー武蔵 2008年 1月 16日発売 

当日、プロのカメラマンさん、編集の方々が来られ、じっくり、取材してくださいました。プロのカメラマンさんがどんな写真を撮ってくださるのか、楽しみにしておりました。出来上がった写真は、一瞬のきらめきをとらえてくださった美しいもの。かなり、現実に近い空気感がある写真です。5月のバラの季節、一年の中でも我が家の一番華やかな頃です。

マンションの外装タイルがテラコッタ色なので、イタリア、南フランス的な色合いになっております。夏は特に風当たりも強く、ドライな環境なので、より一層、そう感じますし、デザイン的にも南欧風。自分が瀬戸内海の見える場所で暮らしてせいもあるのか、明るいからっとした感じ。人が撮ってくれた写真を見ると、客観的に見ることが出来ておもしろい。

また、編集の方にも非常にお世話になりました。本当に詳しく、私のベランダ ガーデンのことを理解しようと何度もやり取りしながら、記事をまとめられています。私は、長々とブログを書き連ねていますが、編集の方は、限られた中に、読者の興味や関心のヒントとなるような文章を書くということをタスクとしてこなしていらっしゃいます。多くの雑誌が出版され、当たり前のように書店に並びますが、この2ページの記事にも相当な努力があって、記事が出来上がっていることがわかりましたし、皆さんにお伝えしたいと思います。

 ですから、これを読んで、興味をお持ちになった方はぜひ、この雑誌をお手元に置かれ、ゆっくりとグラビアながめながら記事を読み進め、楽しんでくださいね。これも、みなの努力の結晶。一種のアート、作品なのです。

私は、我が家の家宝本にしたいと思います。

関係の方々に重ねてお礼を申しあげます。ありがとうございました。

| | コメント (2)

2008年1月14日 (月)

The Roses :バラの植え替え 2008

 今日は、寒いお休みの日でしたが、ベランダのバラのことが、気になり、寒中ガーデニング。特に、まだ、我が家になれていない気になるフレンチ ローズたちの土を替えてやりました。終わりの頃は、外は暗くなってしまいました。

01141
 
Rosa ' La France'

2007の新苗を鉢で育ていたものです。鉢から抜き取ると、よく回っていました。土を落とし、バケツに入れた水の中に入れておきました。

01145

今年の用土の配合は、特に、元肥となるものについて、考えてみました。参考にさせていただいた本は 藤岡 友宏先生の誠文堂新光社より出版されている『よくわかる 図解園芸シリーズ バラ』です。

昨年、夏に水枯れでバラを芯まで枯らすというひどい失敗をした私に、光りを与えてくださった本です。 ★★★ バラの寿命について、書かれた部分があり、がっかりしていた私にやっと「バラにも寿命があるんだ。枯らしてしまったバラたちは、少し早く寿命がきたんだ。」とやっと、思えるように教えてくれた本です。それ以来、バイブル的存在の本です。

この本は、様々なバラを育てる上で、応用可能な知識と技術を教えてくれます。自分でブレンドする用土のこと、栽培のこと、詳しい文章とわかりやすい図が豊富で、読みながら「そうだったのか!これ、やってみよう!」と思う内容の本です。まだまだ、この本に書かれていることの一部分しか実践出来ていませんが、試行錯誤しながら、バラをこれからも育ててみたくなる本です。

さて、以下の内容は、私の今年の実践記録。〈注:先生の本の内容とは、全く同じではありません。)

基本の用土 赤玉土(小)  3
         赤玉土(中)  3
         バーク堆肥   3
        もみ殻くん炭   1


これに粒状のリン酸、カリの多い有機質のペレット状の元肥を昨年までは、加えておりました。今年はこれを少なめにし、この中身を分解したような材料、油粕、骨粉を上の用土に 1 の割合で加えました。肥料が多すぎるのも、花の芯が2つに割れるダブルセンターになったりするので、気をつけなくてはなりません。

この他、ヤシがらを保水性をアップさせるために。これも 1 の割合で入れています。

重さではなく、プラスチック ポットで何杯という容積比です。どんな結果になるかは、今年の花が教えてくれるでしょう。

Ne

水につけて、土を取り除きました。このバラは、'Mme Figaro'最近水やりが少なかったためか、根が乾いていましたし、白い粉のようなものが・・・。カビ?白絹?根を水につけると、全然吸水しないものが土として使われていました。要注意! 殺菌剤を溶かした水に30分ほどつけて置きました。

「植え替えの時、根をわざわざ、水につけなくてもいい。」と聞いたこともありましたが、このような、質のよくない土が使われていることもあるので、年に1回の土替えは、おいしい土をいっぱいバラに入れてあげるほうがいいと思います。

写真は、根を半分くらい切ったところ。これも「切る、切らない」いろいろなやり方があるようですが、今回は、切りました。

P1140129


そして、鉢底ネット、鉢底石、元肥入りの用土を底に山状に入れ、根をひろげるようにして、置きました。ここで、今回使ってみて、便利だった角材の紹介。棒を使うこともありますが、30ミリほどの幅の角材を鉢の縁に渡し、用土と接木部分のちょうど良い位置を確かめました。

この角材の幅30ミリと同じくらいの空間が、「水鉢となる!」と考える目安になりました。接木の部分が埋まらない高さになっているかどうかも思い描く見当がつきます。

そして、この角材の最大のポイントは、土入れの時。角材は、転がらないので、しっかり苗を支えてくれ、両手を離しても、ちょうど鉢のセンターの位置に苗を植え替えることが、出来ました。ぱちぱち!

これは、特許ものかも!

でも今、気付いたのですが、藤岡先生の本には、「鉢の上まで、土を入れ、トントン地面に打ちつけると、土が3cm下がる。」というようなことが書いてありました。理解していなかった!

やってみたい!この方法は、今度ぜひ、やってみよう!

最後に、しっかり、ホースでお水をやりました。あ、土が下がった!

ということで、少し、土をまた足して、今日は終了。

Today's French Roses

Rosa 'Coupe d'Heve
Rosa 'Souvenir de la Malmaison'
Rosa 'La France'
Rosa 'Mme Figaro'

歴史絵巻が出来るようなバラたち。

| | コメント (0)

2008年1月12日 (土)

季節のBlooming Flower :パンジー'インペリアル アプリコット シェード'

 今年に入ってから、ようやく、パンジーのインペリアル アプリコット シェードが開花してきました。かなりの色幅があり、今期、種まきした品種の中では、一番気に入っていて、これからもどんな花色が出るか、楽しみ。

01083

Viola × wittrockiana 'Imperial antique shade'

01084

Vein 脈が入っているタイプ。花色のピンクも少しだけ、えんじもはいりいい色です。

この花色は、なかなか珍しく、種まきをしたかいがあったという感じ。

| | コメント (0)

2008年1月11日 (金)

The Roses :ばらのポプリ

 年末に花柄を切っておいた、ベランダのばら。そのまま、外のテーブルの上に置いておいたら、きれいにドライ フラワーになっていました。クリスマス リースの材料の残りのモミなども葉を芳香剤として、家の中に置いておいたので、これと一緒にすると、見た目にもきれいなポプリとなりました。

01101

              Potpourri

中身を紹介すると

レモングラス
モミ
ユーカリ
ばら

です。

Martha Stewart Livingの洋書を開いてみると、ポプリの組み合わせを紹介しています。例えば、

1.スペシャル ホリデー (年末年始用の)香り:エヴァーグリーン(針葉樹など)のトリミング(剪定した)枝、オレンジの皮、ベイ リーブス、クローブ、シナモン

2.引き出し用の香り:ばらの花びら、レモンの皮、ラベンダー

3.男性の引き出し用:レッド シーダーの枝のチップ、ラベンダー、ユーカリ

4.安らかな眠りのため:レモン ヴァーべナ、ラベンダー、マジョラム、ばらの花びら

5.ゆったりとした入浴用のSachet(サシェ 匂い袋):レモン バーベナ、カモミール、ライムの花をチーズクロス(日本では、ガーゼを二重にしたもので代用)で作った袋。これをお湯の流れるところにつるす。

などです。

一つひとつ訳しながら、「これは、我が家、これはあの方のお庭に、これは、オレンジを食べた後に」などと思っていました。
記憶のかたすみに「ポプリ」と覚えておこう。

これに、エッセンシャルオイルを振って、香りをプラスする方法もありますが、今回はあくまでも自然に、ということで。

花を近づけると、かすかに香りが漂います。


| | コメント (0)

2008年1月 8日 (火)

The Roses :ムーンライト 誘引 2008

 ワイルドに育てていたバラ 'ムーンライト'もお正月が明けると、さすがに葉が枯れ落ちてきました。本日、葉を落とし、オベリスクに誘引しなおしました。

01082

Rosa 'Moonlight' BEFORE

昨年、手すりに誘引しましたが、花の色が白いので、室内から見た時は、花があまり見えませんでした。2007年の開花の様子はこちら。今年は、基本に返って、オベリスクに誘引することに。

オベリスクに誘引すると、距離的には、室内から近くなります。また、らせんに誘引することは、枝に角度がつき、花形が多少は、見えやすくなります。

ナイトガーデンを楽しむ時、白い花がオベリスクに絡む姿は、特に素敵。以前の写真をご覧ください。こちら

01081

AFTER

作業前ののびのびと枝を伸ばしていた姿から、ずいぶん矯正してしまいました。冬の時期は、よく枝が曲がるので、実行可能でした。昨年の様子はこちら

1997年より新苗で育てたこのバラ。2008年は、どんな姿を見せてくれるのでしょうか。我が家では、一番、古いバラです。

| | コメント (0)

2008年1月 1日 (火)

Natural Beauty :岳樺

 あけましておめでとうございます。今年も皆様にとってよき年となりますように。
さて、今年の1ページめは、やはり、自然がテーマ。北海道で出会ったハッととするような景色をご紹介します。

01011

洞爺湖の外輪山より眺める太平洋。
午後の太陽の光りが海面に反射し、冬枯れの群生する木々がシルエットとなっていました。

冬の空には、真綿のような雲。

01013

Betula ermanii

そして、これが、今日のお題のダケカンバ。シラカバと同じような白い樹皮です。だけど、ずんぐりした感じ、それから、出ている枝がかなり太く、真横に出ていることが、シラカバとは、明らかに違う風貌。Brother in lawさんが「これは、ダケカンバです。荒地でも生え、このような山の風の強い所でも生えます。」と教えてくれました。

家に帰ってから、手持ちの本で、調べると、「北海道から本州中部以北といった寒い地域に成育します。ブナは山の水分や養分が豊富になってから最後の方に登場する木ですが、カバはその逆です。裸地に他の樹種に先駆けて開拓者のように成育します。比較的日当たりのよい山の尾根近くに見られます。」

「『硬さと緻密さは耐久性の証』 民芸家具として長い年月使われた木」

参考文献:『日本人としてしっておきたい木30種 森の博物館 原物標本』 オークビレッジ発行

このように、書かれていました。北海道の歴史とも相まっている木ではありませんか。たくましい。西日本育ちの私には新鮮な発見。東北育ちで、山の好きな私の両親に言わせてみれば、「そんなことも知らなかったの!」と言われそうですが、亜寒帯の樹木はまだまだ、私にとっては、なじみが少ない。

40年以上生きてきたわけですが、「お正月早々また、新しいことを知った!」とうれしい。

そのようなわけで、今年も好奇心の塊となって、「お外に飛び出そう!」と思っています。

ダケカンバ、皆さん知っていました?


| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »