« Grassware Collection 5:ワイングラス | トップページ | Beautiful Things 8:ウィリアム モリスのカーテン »

2007年7月23日 (月)

暮らしの中のMy Work 21:磁器のスイッチ プレート

プチ リフォームの話です。我が家では、スイッチプレートを磁器製のものに取り替えています。良く使うスイッチまわりをこれに付け替えてから、磁器のひんやりとした感触がいい感じです。

07231

Switch Plate A type Plain Cream    by AOYAMA DENTO

製品は、愛知県瀬戸市の青山電陶(株)さんのものです。

製品の規格が日本のスイッチプレートに正確に合うので、ぴったり、きれいに簡単に付け替えられます。磁器製なので、硬度も高く、耐久性、強度に優れています。汚れをすうプラスチック製に比べ、表面をふき取りやすく、清潔に維持できます。

色、デザインもバリエーションが豊か。我が家のものは、Aタイプ プレーン クリーム という少し、曲線を持たせたもの。華美になりすぎず、ちょっと洋風な感じが気に入りました。

07252_1

取り付け方は、スイッチカバーをとり、下カバーのネジを外します。

07253_1

製品を取りつけ、付属のネジでとめます。

以上です。

先日、同じように、お家のスイッチプレートを付け替えたいとの話があり、スイッチ一個口、二個口、三個口を調べ、入手したところ。女性でも出来る作業なので、おすすめのプチ リフォーム。

実は1日に何度も触れているスイッチプレート。気持ちよく過ごせるこの磁器製スイッチプレートへの変更は、なかなかいいですよ。


|

« Grassware Collection 5:ワイングラス | トップページ | Beautiful Things 8:ウィリアム モリスのカーテン »

◇暮らしの中のMy Work」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Grassware Collection 5:ワイングラス | トップページ | Beautiful Things 8:ウィリアム モリスのカーテン »