« Visiting a garden 5:ムベの絡まるパーゴラ | トップページ | 暮らしの中のMy Work 18:リネンのテーブルクロス:地直し »

2007年7月 1日 (日)

季節のGarden Work 66:7月の仕事

イギリスの園芸雑誌 "GARDENS ILLUSTRATED"の付録のカレンダーにある月ごとの作業をまとめたものを訳して紹介いたします。

0701

Lilium martagon

7月の仕事

● 多年草の種まき。秋に咲く球根類の植え込み。苗の植え込みと剪定。

● 水を必要としている植物をチェック。水は大切に

● 開花をうながすために繰りかえし咲く宿根草の花柄を取り除きましょう。

● いつもどうり、草抜きをし、病害虫のチェックをしましょう。

● 熟した種を取りましょう。花を咲かせなかった低木の枝、つる植物、木質化しているハーブ類など剪定しましょう。

● サポートの必要な植物に添え木をしましょう。

● 生け垣を刈り込みましょう。


私の気付き

○ 写真はユリ。珍しいマータゴンという種類。日本でも最近、紹介されてきているようです。
Pronunciation: MART-uh-gon
Meaning: Child of Mars マルス(ギリシャ神話)の子

○ 多年草の種まきとありますが、これはもう少し、暑くなる日本の夏には、発芽できないものもあるので、秋になって、播くと考えたほうがいいでしょう。

○ 水の使い方に注意を払っている所は、これから私たちも考えていかないといけないことだと思います。

○ 草抜きは延々と続く、時期。私もスクールガーデンに行くたびに、Weedingしています。ただ、先日、雑草防止効果ありと書かれているクローバーの種を雑草のいつもはびこる場所に、播いてみました。優勢になってくれるといいのですが。

○ 先日、種取りしました。一応、9月に播いてみよう。

以上のような気付きです。

|

« Visiting a garden 5:ムベの絡まるパーゴラ | トップページ | 暮らしの中のMy Work 18:リネンのテーブルクロス:地直し »

ガーデニング」カテゴリの記事

□季節のGarden Work」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Visiting a garden 5:ムベの絡まるパーゴラ | トップページ | 暮らしの中のMy Work 18:リネンのテーブルクロス:地直し »