« 季節のGarden Work 54:球根の消毒と保存 | トップページ | 季節のBlooming Flower 56:ペンステモン »

2007年5月28日 (月)

The Roses :ホワイト ドロシー パーキンス 2007

バラ 'ホワイト ドロシー パーキンス'が咲き出しています。ちょうどクレマチス 'エミリア プラター'も同時に絡みながら咲いています。やっとバラとクレマチスの饗宴が実現しました。

05281

Rosa 'White Dorothy Perkins'

昨年の様子は、こちら。冬のの誘引の様子はこちら

05311

このドロシーは、実は譲られたつるバラ。その頃は、あまりこのバラの写真も手に入らず、良さがわかりませんでした。昨年あたりから、この小さな花のわずかにピンクがかったつぼみの時や、ひらくとくちゅくちゅとなるところ、など、愛らしく感じるようになりました。

最近どんな植物でも、健康的に成長しているものほど美しいものはないと感じます。それを引き出すことが少しでもできればと思っています。

今年はトレリス上部に上げた枝の花つきがよいことがわかります。

05282_1

昨年のブログにも書いたとおり、「ランブラーローズは一度開花した枝は翌年の花は望めない。」ということが実証された感じです。

今回の花の後、長く伸ばした枝は株元から切ろうと思います。株元から勢いのあるシュートが2本、すでに1mぐらいの長さに育ってきています。この2本の枝をしっかり育てていき、また冬に誘引していきます。


|

« 季節のGarden Work 54:球根の消毒と保存 | トップページ | 季節のBlooming Flower 56:ペンステモン »

□The Roses」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季節のGarden Work 54:球根の消毒と保存 | トップページ | 季節のBlooming Flower 56:ペンステモン »