« 季節のBlooming Flower 56:ペンステモン | トップページ | 季節のBlooming Flower 57:スイレン »

2007年5月30日 (水)

季節のGarden Work 57:オーニソガラムの球根

今日は、スクールガーデンの手入れをしてきました。初めて、昨年12月ごろより花壇と向き合うようになり、半年が過ぎました。春一番おもしろかったのは、昔、誰かが植えた球根の花がひょんなところから出てきたこと。今日の花もそうでした。

05301

Ornithogalum umbellatum
Star of Bethlehem, Wonder Flower

つぼみの時の白とグリーンの入り方が不思議な花。そのわけは、花びらの裏が、グリーンだからだそう。開いてから、今度はひっくり返して見てみよう。

キリストの誕生の時に、3人の博士に道を教えたという星が流れ星になり、この花になったといわれているそうです。なるほど、不思議な意匠の花には、昔の人も着目していたのね。

さて、このひょんなところから顔を出した別名「ベツレヘムの星」は、先日、電動草刈り器に葉をカットされ、「堀り上げてもっといいところに埋めなおそう。」と思っていた矢先、行方不明に。

今日、やっと発掘できました。小さな子球もいっぱいついてきました。

05303

大きな球根の薄皮と根をきれいに取り除き、洗いました。なんだか、子タマネギみたい。料理しているのか、園芸しているのか、わからなくなってきました。ただし、タマネギとして見ると、上下が逆、ということに気付きます。

05304

その後、先日も紹介した殺菌剤 オーソサイドを水に溶かしたものにつけ、ネットに入れ、保存することに。イギリスの球根を扱っているナーセリーのサイトで、ビオラと組み合わせている写真があり、素敵でした。来春に向け、覚えておき、やってみよう!

|

« 季節のBlooming Flower 56:ペンステモン | トップページ | 季節のBlooming Flower 57:スイレン »

ガーデニング」カテゴリの記事

□季節のGarden Work」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季節のBlooming Flower 56:ペンステモン | トップページ | 季節のBlooming Flower 57:スイレン »