« The Roses :シャルロット 2007 | トップページ | The Roses :フランシス E. レスター 2007 »

2007年5月13日 (日)

季節のGarden Work 52:チューリップ球根の堀り上げ

スクールガーデンのチューリップの葉が黄変(花が紫色だったものは、赤変)してきていましたので、今日は、堀り上げしました。

05131

よくよく見ると今年の茎元の球根はつぶれてしまっていて、隣にちゃんと新しい球根が作られています。
RHSの"Encyclopedua of GARDENING"DK社刊の園芸のテクニックには、「球根の堀り上げの仕方と保存法」が載っています。一番おもしろいのは、球根の薄皮をむいてしまうこと。「なんだか、え~」という感じなのですが、日本の園芸研究家の方も最近皮を剥くことを紹介されていたようなので、私もやってみようと思います。今日は、堀り上げのみ紹介しますが、殺菌、保存については、また後日紹介します。

05132

1 花後1ヶ月ぐらいして、葉が黄色(または赤変)したら、フォークでていねいに球根を掘り上げます。ラベルをつけた入れ物に集め、他の品種が混じらないようにしましょう。


05133

2 土を落とし、葉と茎を丁寧に取り除きます。傷がついているものや病気になっているものは、捨てます。
これは、モーヴ ピンクの花色のチューリップの球根です。子球もついていて、なんだか、おいも掘りのようでした。
大きく太ったもののみ、残そうと思います。

今日の作業はここまで。およそ、100球を掘り上げました。まだ、あと200球ぐらいは、堀り上げをしていきます。

そのあとの作業はまた後日。


|

« The Roses :シャルロット 2007 | トップページ | The Roses :フランシス E. レスター 2007 »

ガーデニング」カテゴリの記事

□季節のGarden Work」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« The Roses :シャルロット 2007 | トップページ | The Roses :フランシス E. レスター 2007 »