« 季節のGarden Work 57:オーニソガラムの球根 | トップページ | 季節のGarden Work 58:6月の仕事 »

2007年5月31日 (木)

季節のBlooming Flower 57:スイレン

4年前にセットした水鉢。今年最初のスイレンがぽっかり浮かびました。「スイレン、咲いたね。」と何人もの方から声をかけられ、「みんな見ていてくれてるんだ。」と世話をする私もうれしかった。

05313

Nymphaea 'James Brydon'
Meaning: Water goddess in Greek mythology
Pronunciation: NIM-fee-uh

スイレン 'ジェームス ブライトン' は、フューシャ色Fuchsia (Red-Purple)のスイレンです。
これから、何回か咲くでしょう。学名 二ムフィーア の意味はギリシャ神話の中の水の神という意味

05315

水鉢のまわりには、水カンナとも呼ばれるタリアを植えています。これも、今から高さ1mぐらいには、成長し、花もつけます。

05312

2003年の植え付けの時の様子。水を鉢に入れる前に水鉢用の土、スイレン、タリアを植え込みました。それから、そーっと水を入れました。最初は1ヶ月くらい泥水のまま。黒メダカも入れました。

05314

黒メダカは、水中の藻やプランクトンなどの微生物などを食べて生きています。えさはやっていません。卵を孵し最初8匹が、今は12匹。仲良くこの中でメダカの学校を繰り広げているようです。

|

« 季節のGarden Work 57:オーニソガラムの球根 | トップページ | 季節のGarden Work 58:6月の仕事 »

ガーデニング」カテゴリの記事

□季節のBlooming Flower」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季節のGarden Work 57:オーニソガラムの球根 | トップページ | 季節のGarden Work 58:6月の仕事 »