« The Buds 2:フジの花芽 | トップページ | The Buds 3:エゴノキ »

2007年4月 1日 (日)

季節のGarden Work 47:4月の仕事

イギリスの園芸雑誌GARDEN ILLUSTRATEDの2007 カレンダーより4月の仕事についてご紹介いたします。写真はMr. HOWARD SOOLEY

0401

Magnolia 'Gold Star'

APRIL TASKS:4月の仕事

●引き続き種まきをし、種を直に土に播いたり、ポットに播いたりしましょう。
●宿根草の株分け
●草抜きをし、水分保持のため土に覆いをしておきましょう。
●くいの周りに植物が成長できるよう、支えを設置しましょう。
●四月は多くのシュラブ(低木)の強剪定すると良い時期です。これは形を整えることと新しい成長を促すためです。
●夏に咲く花の球根を植えましょう。
●芝生の土の表面を耕し、芝を高めに刈りはじめましょう。
●害虫に注意。特にカタツムリとナメクジ
●施肥(特に樹木、低木、生け垣、そして果樹)一般的な肥料、魚粉、骨紛、鶏糞を丸めたものなど。
●巣作りをする小鳥たちのためにペットの毛やひつじの毛などを置いておきましょう。

解釈

日本では、3月中に済ませておくようなこともあります。それは、少し日本のほうが春の訪れが早いからでしょう。
特に興味深いのは、小鳥たちのための記述。ペットの毛や羊毛を置いておく優しい心遣いを園芸作業の中に入れているところ。

確かに私も土を一人耕したりしていると、小鳥たちが飛んできたり、鳴いたりする声で、かわいいお友達がいるような気持ちになりました。

だから、自然の中では、小鳥たちは仲間といった存在なので、そっとその生活の手助けをしてあげたくなるからでしょう。

|

« The Buds 2:フジの花芽 | トップページ | The Buds 3:エゴノキ »

ガーデニング」カテゴリの記事

□季節のGarden Work」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« The Buds 2:フジの花芽 | トップページ | The Buds 3:エゴノキ »