« Creating Garden 18:Louis's Garden 1 | トップページ | 季節のGarden Work 48:テントウムシ »

2007年4月13日 (金)

Beautiful Books 8:つげの妖精の唄

子どもの頃、近所にマメツゲの低い垣根がありました。葉を摘んで、おままごとに使ったり、水に浮かべて「ふねみたい!」ってカーブしている所を船に見立てて遊びました。

04111

Buxus sempervirens
Common Boxwood, American Boxwood 西洋つげ

冬の間、ご無沙汰していた農園にサイクリングして行って、春の萌芽した木々を眺めてきました。
西洋つげ君たちも、元気そうにポット苗で並んでいました。茎のまわりに小さな黄色い花を咲かせていました。

シセリーさんの本を開いてびっくり、私がいつも西洋つげのことを「ぼーちゃん!」と名づけていましたが、とうとうここで、妖精の姿のぼーちゃんに初対面。

04112

"A DELUXE BOOK OF FLOWER FAIRIES"  Cicely Mary Baker

THE SONG of
THE BOX-TREE FAIRY

Have you seen the Box unclipped,
Never shaped and never snipped?
Often it's a garden hedge,
Just a narrow little edge;
Or in funny shapes it's cut,
And it's very pretty; but-

But, unclipped, it is a tree,
Growing as it likes to be;
And it has its blossoms too;
Tiny buds, the Winter through,
Wait to open in the Spring
In a scented yellow ring.

And among its leaves there play
Little blue-tits, brisk and gay.


ツゲの妖精の歌

ツゲが切られていなかったり、
きれいな形にされていなかったり、
チョキンと切られていなかったりしたの見たことある?
よく、庭の生垣や
ちょっと狭いところの縁になっています。
カットされた形はおもしろいかったり、
とってもかわいかったりしています。だけどー

だけどね、切られずに、
あるがままに大きくなったら、
花も咲かせ、
冬の間、小さなつぼみで、
春に香りのする黄色のリングのような
花が開くのを待っているような
木なんです。

そして、茂みの中では、小さいシジュウカラたちが、
元気に楽しく遊ぶんです。

Transrated by WENDY

04113

Buxus microphyllus 'Winter Gem'
Littleleaf Boxwood, Japanese Boxwood

「冬の宝石」ともいう、クサツゲ。葉がセイヨウツゲより、小さなタイプになります。


|

« Creating Garden 18:Louis's Garden 1 | トップページ | 季節のGarden Work 48:テントウムシ »

ガーデニング」カテゴリの記事

◇Beatutiful Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Creating Garden 18:Louis's Garden 1 | トップページ | 季節のGarden Work 48:テントウムシ »