« 季節のGarden Work 35:コニファーの刈り込み:ゴールド クレスト | トップページ | 季節のGarden Work 37:ブドウの冬剪定 »

2007年2月18日 (日)

季節のGarden Work 36:ボックスウッドのトピアリー

トピアリー仕立てのボックスウッド 西洋つげを暖かな春の日を前に、すっきりさせました。

0218102182

Buxus sempervirens
(BUK-sus) (sem-per-VY-renz) American Boxwood


冬は葉の色が少し、えんじ色が混じったような色になっていましたが普段は、黄みがかった緑色。

刈り込みバサミで、部分、全体、部分と見ながら、球形になるように、刈り込み。鉢も回しながらバランスを見ました。

まあ、こんな感じでいいかな。ということで終了。時々、鉢も回して、太陽の光りを均等に当ててやるようにしています。

これも西洋盆栽というのかしら。年に2回ぐらい刈り込む感じです。このほかにトピアリーに向く樹種として、イボタ(Ligstrum ovalifolium)、イチイ(Taxus baccata)、モクセイ(Osmanthus delavari)、スイカズラ(Lonicera nitida)など。ローレル、ヒイラギなども。アイビーは、誘引して形を作る方法に。

常緑の植物はいろいろトピアリーに使えるということです。

おまけに私のもう一つのトピアリーを紹介

02183

Rosemarinus officinalis
Rosemary ローズマリー

這性のローズマリーだったのですが、地球儀型 グローブ型のトピアリーフレームに添わして仕立てています。
これは、なんと15年ぐらい育ててから経過しているような・・・。なんだか、古すぎる!昨年、とうとう枯らしてしまったと思っていましたが、先日、鉢から抜いてみると白い根があり、生きていることを確認。ローズマリーも本当に乾燥に強く、ベランダ向き。たいしたものです。

|

« 季節のGarden Work 35:コニファーの刈り込み:ゴールド クレスト | トップページ | 季節のGarden Work 37:ブドウの冬剪定 »

ガーデニング」カテゴリの記事

□季節のGarden Work」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季節のGarden Work 35:コニファーの刈り込み:ゴールド クレスト | トップページ | 季節のGarden Work 37:ブドウの冬剪定 »