« 季節のGarden Work 36:ボックスウッドのトピアリー | トップページ | 季節のBlooming Flower 15:アグロステンマ »

2007年2月19日 (月)

季節のGarden Work 37:ブドウの冬剪定

ぶどうを昨年は、伸びるにまかせて育てましたが、今年は、もう少し、ベンランダガーデンで可能な栽培方法を模索しながら、育てようと思っています。まずは、冬のバラの剪定と似ているのですが、かなりの強剪定をするらしいので先日、伸びていた枝を切りました。

02193

Vitis vinifera 'Muscat berry A'
Grapes  ブドウ 'マスカット ベリーA'

メインの枝を成長した高さの3分の2ぐらい、芽の上で剪定。側枝も一芽をつけて、ピンクのラインで切ります。

黄緑のラインは、成長していく枝のライン。

夏の剪定では、それぞれの枝に葉が5~6枚あればよく、ブルーのラインで、剪定。側枝から出た枝、花も一房分を残してすべて取り除きます。

このような流れで、ぶどうを育てていくようです。

枝は、トレリスに誘引していきます。日当たりの良い、風通しの良い場所、また、窒素過多は避けて。

02192

2006の様子

昨年は、ただ、ひもで、伸びた枝をトレリスに止めていただけでした。今年は、伸びてくる枝の向きや葉の数、そして、夏の剪定に気をつけながら育てようと思います。

このブドウの味はマスカットのさわやかさとベリーAの甘味が加わったいい味でしたので、大量収穫?を目指して育てます!

|

« 季節のGarden Work 36:ボックスウッドのトピアリー | トップページ | 季節のBlooming Flower 15:アグロステンマ »

ガーデニング」カテゴリの記事

□季節のGarden Work」カテゴリの記事

□Veranda Garden」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季節のGarden Work 36:ボックスウッドのトピアリー | トップページ | 季節のBlooming Flower 15:アグロステンマ »