« Craft For Children 2:モヘアのうさぎ | トップページ | Craft For Children 3:モヘアの染め方 »

2006年11月 4日 (土)

季節のGarden Work 11:パンジーのウォール バスケット:Manger

トレリスにかけるウォール バスケットの成長の様子をご紹介します。製作は2004年の春です。この形のバスケットをメインジャー Manger (かいば桶)という呼び方をイギリスではするようです。

Hangingbasket1_2

使用した苗
    パンジー ‘インペリアル フロスティー イエロー’ 2ポット
    パンジー ‘インペリアル ラベンダー シェード’   1ポット
    ビオラ ‘ベビー ブルー アンド ホワイト’      1ポット
    イングリッシュ デイジー                 2ポット
    ヘリクリサム ‘シルバー'                1ポット

自分で種から育てた苗で、2月にやっと開花したものをハンギングに入れました。作り方は、先日紹介した、ビオラのハンギング バスケットと同じ作り方。

Hangingpansy7

2ヵ月後 だんだん、大きくなってきました。

Hangingbasket4


Hangigngbasket6

こんもり、丸くなり、春らしいハンギングとなりました。
植え付け最初は苗が小さくても、最終的にここまでくることで、お花の成長を喜びながら長期間楽しめます。
何度も、ハンギングバスケットを作るのは、コスト面でもたいへんなので、なるべく、メインの花が長く咲き続けてくれるものを選びたいです。

ハンギングバスケットは、お互いの植物がなじんだ頃が一番きれいだと思います。開花期が、まったくずれてしまう組み合わせの時もありますから、何を使ったか、記録に残しておき、ベストな組み合わせを見つけ、翌年に活かしたいと思っています。


|

« Craft For Children 2:モヘアのうさぎ | トップページ | Craft For Children 3:モヘアの染め方 »

ガーデニング」カテゴリの記事

□季節のGarden Work」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Craft For Children 2:モヘアのうさぎ | トップページ | Craft For Children 3:モヘアの染め方 »