« Glassware Collection 2:吹きガラスのシャーベットグラス | トップページ | 展示アイテム 24:The Roses 14:ホワイト ドロシー パーキンス White dorothy perkins »

2006年11月 7日 (火)

展示アイテム 23:The Roses 13:シャルロット Charlotte

シャルロットは、English rose。私がERを最初に育てたのが、この苗です。ちょうど、1998年の娘の誕生の年、大苗で購入したので、今や8年生苗です。

Charlotte_1

  CHARLOTTE   'Auspoly'  Shrub Rose 1993 Austin,Britain

シャルロットは、お菓子の名前にもありますが、元はレースやリボンをあしらったご婦人用帽子の名前です。
私がバラを選ぶ一番の決め手は、やはり、花形と色。このバラもころころ、ふわふわとした赤ちゃんだった娘との暮らしの中で、その時の自分の気持ちにぴったりで、これを選びました。

Charlotte2_1

2004年、5月のベランダ ガーデンの様子。いつもは、緑の多いベランダですが、バラの季節、Rose de Mai は、にぎやかなベランダとなります。

Charlotte3_1

国際バラとガーデニングショーにも連れていきました。チークのストリーマー チェアーのラインのはっきりしたシンプルなデザインとの組み合わせも、甘すぎないクリームイエローのシャルロットと似合っていました。

シャルロットの樹高は、コンテナー栽培で、冬剪定で20cmくらいに切っても、現在1mくらいまでのびました。とても元気の良いバラです。春に2回、秋に1回、開花します。葉色は、明るく、葉は、大きめ。栽培初期に、芽出しの後、寒の戻りで、全部枝から、霜にやられてしまったこともありました。しかし、株元からまた、強いシュートが出てきて、今に至ります。いろいろなアクシデントを乗り越えながら、バラのこともこちらもわかってきた感じです。


|

« Glassware Collection 2:吹きガラスのシャーベットグラス | トップページ | 展示アイテム 24:The Roses 14:ホワイト ドロシー パーキンス White dorothy perkins »

□ 国際バラとガーデニングショウ展示 International roses and Gardening Show 2006」カテゴリの記事

□The Roses」カテゴリの記事

□Veranda Garden」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Glassware Collection 2:吹きガラスのシャーベットグラス | トップページ | 展示アイテム 24:The Roses 14:ホワイト ドロシー パーキンス White dorothy perkins »