« 大好きな椅子 11:トリップ トラップ チェアー | トップページ | Creating Garden 2:Martha's garden 2 芝 1 »

2006年10月 3日 (火)

Creating Garden 1:Martha's garden 1

初めて庭を作らせていただいたMarthaのお庭です。

 Peaceful Shade Garden

Martha0

待ちに待ったハイドランジア‘アナベル’が咲き、それを中心に落ち着いた中にも美しく咲いていく花々を見ることが出来た今年6月。
Marthaの感想は、「どこにも行けないなと思う雨降りの日ほど、庭と向き合うので、家にいることを楽しめるようになりました。」とのこと。訪れるお客様もほめてくださるようで、私もうれしいです。

Marhta2_2

2005年4月 ご相談を受けた頃のお庭の様子です。粘土質の土壌プラス住宅地であるため日陰の多いお庭です。芝生、草花が育ちにくい環境でした。

Martha8

2005年6月 リビングから良く見える庭の部分は、芝生はやめて、砂岩のサークルストーンを敷き込みました。また、化粧砂利も明るい色ににし、明るい空間となるようにしました。


Marrtha3

2005年12月  冬の到来を前に、枯れた植物が多くなったので、常緑の斑入りアオキ、細葉のヒイラギナンテンを入れることに。また、剪定に関して、楽なアナベルも取り入れました。粘土質の土には、砂、堆肥を入れ、土壌改良していきました。


Martha4

2006年 2月 「冬に庭の骨格があらわになる。」といわれるだけあり、やはり植物だけで、庭にリズム感をもたせるのは、難しい!フォーカルポイントとなる英国製のフラワースタンドを取り入れることに。お手持ちの鉢植えも高さが出るので、今までとは違った印象に。


Martha5_1

そして、2006年 6月 花壇 日陰の植物を多く入れたので、どれも元気に育ちました。
斑入りの植物が遠めに見ても軽やかさを与えてくれます。
庭まわりに格子のトレリス(国際バラとガーデニングショーで使用したものを引き取っていただいたもの。)を立てました。日陰の植物は和風な植物が多いのですが、この背景があることで、洋風なお家の外観に合ったお庭となりました。

主な日陰の植物は、
宿根草のホスタ、ナルコユリ、クリスマスローズ、アジュガ、ツワブキ、ユキノシタ、アイビー、ミスカンサスなど
一年草 夏期は、インパチェンス、ベゴニア。冬場はビオラを点在させ、日当たりが良い場所にはパンジーなど。

これから、Marthaと来春の球根を植えたり、バラを植え替えたり、冬用コンテナー、ハンギングバスケットを作ったりしていきます。また冬前の樹木の剪定などなど・・。

実は、Marthaは私の英語の先生。ですから、大変お世話になっている方です。

このお庭を作るにあたって、一番、働きものだったのは、Martha
それから、お父様、お母様、ご主人様、お2人の息子さん!みなさんの協力のおかげです。

2006年 ドイトDIYガーデニングコンテストでメーカー賞(ハイポネックス賞)をいただきました。


 

|

« 大好きな椅子 11:トリップ トラップ チェアー | トップページ | Creating Garden 2:Martha's garden 2 芝 1 »

□ 国際バラとガーデニングショウ展示 International roses and Gardening Show 2006」カテゴリの記事

□Creating Garden」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大好きな椅子 11:トリップ トラップ チェアー | トップページ | Creating Garden 2:Martha's garden 2 芝 1 »