« Clearly Delicious 6:ローズマリーオイル | トップページ | Glassware Collection 1:秋の夜長のTea Time »

2006年10月12日 (木)

ジャパン ガーデニング フェアー 2006 :4

私のご近所の方で、お花をいきいきと咲かせる名人がいらっしゃいます。その方のお花は、いきいき大きく育っていくのです。冬の寒い日、ふわりと大きく咲いているパンジーの花を見て、なんだか違うって素直に驚きました。その方に私の育てた苗をお分けするととっても花数が多くなり、元気ににこにこ太陽の下で咲いていました。何が違うのか!秘密は、コンポスト!(堆肥)その方が作ったコンポストは、植物にとっても良く作用するようです。
そこで、私の最近の関心は、コンポスト。ガーデニング フェアーでも、土を扱っている所をいろいろとのぞいてみました。そこで、出会ったコンポストを今回、苗を育てているポットに使ってみることにしました。

Composty

草花用の土の配合

赤玉土 3 堆肥 3 バーミキュライト 2 ピートモス 1 くん炭 1

Compost2

今回、使ってみるトリコデルマ菌配合のコンポスト

Compost3

全体をミックス 
今期は、コンポストをもう1種類試してみている。同じ苗がどのように育っていくか。違いを自分の目で確かめようと思っています。


|

« Clearly Delicious 6:ローズマリーオイル | トップページ | Glassware Collection 1:秋の夜長のTea Time »

ガーデニング」カテゴリの記事

□季節のGarden Work」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Clearly Delicious 6:ローズマリーオイル | トップページ | Glassware Collection 1:秋の夜長のTea Time »