« 展示アイテム21:ボックスウッド 西洋つげ | トップページ | 大好きな椅子 5:キッズ チェアー Kid's Chair »

2006年9月22日 (金)

大好きな椅子 4:ベンチ Bench

1989年の8月に高山の飛騨国際工芸学園のサマーセミナーで、このベンチを製作しました。きっかけは、柿谷 誠さんの「KAKIのウッドワーキング」という本を見てから。この本は、手道具で作る家具の製作の手引きでした。

Bench1

現在、子供のピアノ椅子(隣に座って連弾可能)、お友達がたくさん来た時の、ダイニングチェアー(子供3人は座れる!)となったり、パーソナルチェアーとは、また違う使い道がベンチには、あります。

Bench2

ホゾ組の脚にくさびの入るところは、憧れの仕上げでした。
また、脚もろくろで削って作ってます。脚が座面に微妙な角度で入るところは、セミナーの先生が、巧みの技を駆使し、ご指導くださいました。座面は、タモ(?)だったかな。磨くとトラ目の模様がでます。脚はセンです。
友人と材を分けて作ったので、二人の間では「双子のベンチ」と呼んでいます。

最初は、KAKI工房に習い、オイルぶきのみでしたが、昨年、OSMO社のウッドカラーワックスのマホガニーで、塗装しました。仕上がりは、良く、つやの出方も気に入っています。

完成した後、ベンチを車に積んで立山のふもとの粟巣野のKAKI工房に立ち寄り、柿谷 誠さんと奥様にも見てもらいました。もう一冊、愛読していた「KAKIの手仕事」(情報センター出版局)という本も持っていったので、サインを入れていただきました。今は、お二人とも故人となられましたが、その時大変、喜んでくださいました。

今もいろいろな傷や汚れもつきながら、このベンチを大事に使っています。17年分の思い出が、たくさん詰まっています。


|

« 展示アイテム21:ボックスウッド 西洋つげ | トップページ | 大好きな椅子 5:キッズ チェアー Kid's Chair »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

◇大好きな椅子 My Favorite Chairs」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
富山のKAKIの柿谷誠の甥です。
コイワびとさんのブログよりお邪魔いたしました。
造られたベンチに大きな愛着を持って使っていらっしゃる様子が伝わってきます。
6月6日より目黒区美術館区民ギャラリーで展示会を開催いたします。
お時間がありましたら是非いらっしゃってください。
お待ちしております。

投稿: 396 | 2007年5月28日 (月) 22時03分

KAKI工房さんの展示会、伺おうと思っています。きちんと作られた家具。見ていて人の技の素晴らしさを実感できるものと思います。お近くの方はぜひ、見に行ってみましょう。

投稿: WENDY | 2007年5月29日 (火) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 展示アイテム21:ボックスウッド 西洋つげ | トップページ | 大好きな椅子 5:キッズ チェアー Kid's Chair »