« 暮らしの中のMy Work 1:コートラック | トップページ | お庭訪問 1 ‘Seasons’ in 宝塚 »

2006年7月31日 (月)

展示アイテム13:メダカの水槽 ‘Fishbowl’

ガーデンショーに持っていったメダカの水槽は今、水生植物が絶好調です。暑い季節、涼をもたらしてくれています。

Medaka3


水槽は、Anchor Hocking(USA)  アンカーホッキング社 の‘ Drum Fishbowl’
セサミ ストリートのエルモのペット、ドロシー(金魚)の泳いでいる水槽もこれですね。

Medakaup

BIOTOP(ビオトープ)的 メダカの住む水槽

土:赤玉土、荒木田土(ガーデンセンターで入手)
植物:水辺の好きな植物 ホテイアオイ、シラサギカヤツリ
生物:黒メダカ、タニシ
その他:備長炭、小石、貝殻など

これらを、セットし、お水を静かに注いで、最後にメダカを泳がせます。
最初は、汲み置きした水を使いましたが、その後、加える水は、水道水をそのまま足しても大丈夫です。
必ず、植物に適度に日のあたる場所(しかし、夏場の水温上昇は避ける。)で育てると、ちゃんと、水の中にも酸素を供給してくれて、メダカも元気に育っていきます。

えさは、やらなくても、藻や微生物を食べて生活します。タニシも水槽をお掃除してくれるので、大切な住人です。

しかし、今年は、子どもたちが、「メダカさん、おなかすいてるから。」と時々、えさをやっています。

|

« 暮らしの中のMy Work 1:コートラック | トップページ | お庭訪問 1 ‘Seasons’ in 宝塚 »

□ 国際バラとガーデニングショウ展示 International roses and Gardening Show 2006」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暮らしの中のMy Work 1:コートラック | トップページ | お庭訪問 1 ‘Seasons’ in 宝塚 »