2020年5月22日 (金)

Organizing Ideas : スパイスの分家

Img_5692

以前にも紹介したことがあるのですがフランスのマスタード マイーユ MAILLE の空き瓶をスパイスの保存瓶に使っています。

これは、マスタードのちょっと大きめの瓶に赤唐辛子を干したものを入れて、ダイモ DYMO でラベリングしたもの。

息子が自炊に凝っていて、手持ちのスパイスを分けてあげることにしました。

Img_5685

ラベルのシールをはがすのが、結構、大変。いつもは、適当にはがして糊がついたままでつかったりしているのですが、今回はしっかりきれいにはがすために、寸胴鍋に入れて、しばらく加熱しました。

そして、先の薄いヘラで糊が柔らかくなったものをこそげ落としました。大成功。

Img_5689

瓶が準備できたら、大袋で購入していたスパイスやハーブを乾燥材を一つひとつに入れながら、瓶に入れました。Img_5691

カレーを作るのが好きなので、クミン、コリアンダー、ターメリック、黒コショウ、唐辛子、月桂樹、ガラム マサラを瓶づめ。

送ってやったら、早速、チキンカレーを作った写真を送ってきました。

辛いの大好きなので、中華、メキシコ、印度料理に挑戦しているよう。

 

| | コメント (0)

Container Gardening : ヤマアジサイ

Img_e5331

Hydrangea hirta '津江のこでまり’    April.17.2020

マンションの北側の外廊下沿いの砂利敷き部分に山アジサイの鉢植えを置いています。ここ1カ月、水色の可憐なアジサイが日陰の場所に明るさを添えてくれていました。

Img_5333

昨年、鎌倉の明月院に初めて行って 谷戸の少し薄暗い場所に明月ブルーと呼ばれる水色の小ぶりなヤマアジサイが楚々と咲く姿を見ることが出来ました。そんな、イメージから4月に早く開花させたヤマアジサイを園芸店で見て、この場所に合いそうだなと思い、置くことに。

津江とは地名で大分の女性がこの品種を作られたようです。

D7k_8903-1

                   May.22.2020

今は、水色のところにグリーンが入ってきています。

D7k_8899-2

鉢も最初に植え替えたものだと、すぐに水切れしていたので、もう一回り大きなものに植え替えています。

この後、様子を見ながら下げ、どうにか来年も咲かせられるように育てていきたいと思います。

 

 

  

| | コメント (0)

2020年5月18日 (月)

The Roses : Academy d’Orleans 2020

D7k_8934

マンションのバラが咲きました。フリフリとして、少しクリームがかった黄色。香りはTea。

D7k_8945-1 

今年は、冬に堆肥を混ぜ込むぐらいだったので、どうなるかなと思っていましたが、ちゃんと咲いてくれました。

花色は、補色対比になるように計画していますが、昨年は、このバラとクレマチスの開花期はずれていましたが、今年は結構いい感じ。

D7k_8948-1

Clematis 'Pretty pinwheel'

クレマチスも咲いてきました。まだまだ、咲きそうです。

D7k_8917-1

左側に植えたバラ ’White Drothy Perkins'もちらちら咲き出しています。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月16日 (土)

Home Music : Josh Groban ”The Prayer”  祈り

Img_5844-2

先ごろ、行われたCoronavirusに対する医療従事者の方を応援する ”One World together at home” で最後にLang Langさんがピアノを弾き、Lady Gaga,Celine Dion, Andrea Bocelli, John Legend 、みんなで歌った "The Prayer"がこのアルバムには入っています。私もこの曲が好きで、購入したのですが、実際、人が懸命に歌っているのを目にしながら、聴くと涙がどっと出てきました。不安が吐き出され、世界の人と願いが通じ合えた気持になりました。

特に、歌詞の

♬ Lead us to a place,

  guide us with your grace,

  to a place where  we'll be safe

「(神よ)、あなたの恵みで私達を安全なところへ導いてください。」というところが、今世界がCovid-19の猛威に脅かされる中、人々が再び安全に暮らせる生活になりますようにと願っている気持ちと重なります。

この曲は、作曲がDavid Foster、歌詞はCarol Bayer Sager。最初は映画『魔法の剣 キャメロット:”Quest for Camelot"』(1998年公開)のための曲でした。主人公の娘を心配する母が亡き夫に天国から見守ってください、と願うシーンに、Celine Dion が歌っていました。歌詞の内容もそういった場面の内容であるため少し、今の歌詞とは違います。また、現在の”The prayer" の曲想が変わる部分は、映画の別のシーンに使われていた曲で、後から映画の中の2つの曲を合わせ、歌詞を変えたものが現在の曲であることが本日、映画を見てわかりました。

最後のEnd Rollで流れる曲の最後にAndrea Bocelliが歌うイタリア語Version がオーケストラ バックに流れており、この曲の現在まで事あるごとに歌われてきている懐の深さの片鱗を伝えていました。

その年のGolden Globeの主題歌賞を取っていますが、同じ年Whiteney HustonとMaraia Caryが主題歌を歌ったアニメ映画 ”Prince of Egypt"の主題歌 ”When you believe" がバッティング(この曲もすごかった)していたので、Grammyはノミネートのみで、受賞は逃しています。その後Celine Dion、Andrea Bocelliのそれぞれのアルバムに入れられ、二人がDuetしたversionが生まれ、ヒットし、2000年に、GrammyのBest Pop Collaboration for vocals 部門で受賞しています。

私がこの曲は、最初に聴いたのは、2002年2月のSalt Lake city Olympicの閉会式でした。

銀盤の上でスケーターが滑る中で、暖かそうなムートンのコート(実際は毛皮にダウンコートだった)を着た16歳だった可愛いCharlotte Churchが澄んだ声で歌い出し、ぐーと引き付けられた後、Josh Grobanがいつのまにか登場し、歌を引き継ぐように落ち着いたバリトンで加わり、二人のDuetになり、あれよあれよと感動的に盛り上がり、二人のハーモニーで静かに終わっていく、聖火も消えていくという場面でした。

その時の映像はこちら

動画のコメントを見ていると前年の2001年に9.11が起こり、安全への不安が募っていた頃、人々の気持ちを代弁するように歌われたタイミングであったことを思い出しました。

その当時、ライブ映像であっという間に終わってしまって、もう一度、聞きたくて彼のアルバム”Josh Groban ”を購入しました。Producer は David Foster。

予想通り、いいアルバムであり、お家でよく聞いたり、ひいひい一緒に歌ったりしていて、かなり聴いてきたアルバムです。

いろいろな ”The prayer" のVersion がありますが、一番好きなのは、この若い二人が歌ったVersion。

他にも4曲目には、Morricone の “New cinema paradise” のテーマ曲を歌で抒情的に歌っているのもいいし、12曲めの Bach の "jesu, joy of man's desiring"も Joshの歌い上げる所が、圧倒的な荘厳さを醸し出しています。

珍しいのが画家 Gogh(ゴッホ)の作品『星月夜』を通してGoghのことに想いを馳せる詩の”Vincet"(starry ,starry night)

歌になるうたわれる絵画というのもあまりないような・・・”Mona Lisa"はあるけれど、あまり思いつかないので、貴重な曲。

 

| | コメント (0)

2020年5月14日 (木)

Veranda garden : スタンダードなビオラ

 

Img_5817

Viola 'Penny Azure Dawn'           Syngenta

ベランダのヴィオラもうそろそろ、終わりになってきています。

こうやって、飾るとやはりかわいい。

Img_5815

一度、手でつんだあと、改めて、下葉をはさみでちょんちょんと取り除き、口の広い、サイコロ状のガラス器に花の向きを見ながら、ポンポンと入れてみたら、窮屈そうにならないで、飾ることができました。

D7k_8663-1

植えつけ初期                   Dec.2020

昨年12月に植えつけた時。近所の園芸店が自分の農場で育苗しているので、5つで・・円みたいな感じで販売されていた中から見つけたもの。

よくよく見ると、世界的にも有名な品種が、あるので信用のおける品種を選ぶのが安心。

変わった品種もあるけれど、高い値段で飛びついても、厳寒期に花が上がらなかったり、あれれ、ということもよくあります。

 

D7k_8724-1

In April                   

冬中、草丈は低いながらも、花を絶やさず、4月、バラの新芽が吹いた頃。

D7k_8723-1  

透明感のある紫からレモン色にグラデーションする花色は、逆光下でもよく花色を見せてくれていました。

D7k_8870-1  

                      May.5.2020

だいぶ、密になってきました。

そして、現在、あちこち、飛び出してきて、それを間引くように切っています。

株元は、蒸れ、黄変した葉があったりするので、お掃除してやりました。

今週は、気温が上がり、私も熱中症になって、ひっくり返ったりしていたので、ビオラも今日は、ひっくり返っていました。

よく、がんばってくれたし、もうそろそろさようならかな、と思います。

D7k_8871-1     

Golden week中は、ビオラの横で、気分転換してました。     

| | コメント (0)

2020年5月10日 (日)

暮らしの中のMy work : パイピング仕立てのマスク 2

Img_5533

Cloth : LIBERTY Tana Loan 'England Rose' HOBBIRA HOBBIRE

前回作ったマスクの改良バーションです。前回のパイピング マスク

Img_5537_20200510160801

Cloth:Liberty Tana loan         HOBBIRA HOBBIRE

前回の作り方で裏布をキルト芯を張ったタイプにすると、マスクの両脇のゴム通し用の三つ折り部分に厚みが出て、ミシンで縫いにくくなりました。今回、この部分が頬に当たるのも気になります。かと言って、せっかくLIBERTYのプリントに合わせたパイピング テープを入れ、アクセントをつけるアイディアは、取り入れたいので、どうしたものかと考えたあげく、どうにか改善バージョンで完成させることが出来ました。

今回の布は、少しだけマスク用にHOBBIRA HOBBIREさんで購入。今回は、肌の色に近い暖色系の布で作ってみました。

バラの柄の布に合わせるパイピング テープを既存の製品で探しましたが、かつてはCaptain社のものでいい色があったけれど、廃番になっており、自作することにしました。

Img_5524

●Captain社の両折バイアス テープ 幅18㎜ CP33 色番591

●タコ糸 太さ5号(太すぎると、目立ちすぎるので、このぐらいの太さがちょうどよかった)

他で使ったバイアス テープの灰青緑色が布と合わせた時にぴったりだったので、これの片面の折り目にタコ糸を入れて、ミシンで縫い留めました。ミシンの押さえ金具は、ファスナー用にすると楽に縫えました。縫い終わったあと、真ん中の折り目の所で、幅をカット。

Img_5535_20200510160701

作ったパイピング テープをマスクの幅と同じ長さだけ使い、三つ折りにはまわさないように縫いとめることにしました。

Img_5550

端から2㎝ぐらいミシン糸をほどき、芯のタコ糸を1㎝ぐらい切ります。

Img_5553

バイアス テープをタコ糸をくるむように折ります。

Img_5554

マスクの端になる部分、右側のまち針の位置に止め、表布とバイアス テープをミシンで縫っておきます。

Img_5555

キルト芯を張った裏布と表布を中表に合わせ、ミシンで縫います。

写真の縫い目はパイピング テープを縫い付けた時のものなので、これを目安にミシンで縫います。

少し、表布の縫い代を1㎜ぐらい多く重ね、縫い合わせると、表布の方が大きめに仕上がり、裏が控えられて、仕上がりがきれいです。

Img_5556_20200510154001

縫い代に切り込みを入れ、アイロンでしっかり折って、表に返します。

ちょうど、いいところまでパイピングが出来ました。

Img_5557

三つ折りして、アイロンで折り目を付けてから、まち針で留め、ミシンがけ。

Img_5534_20200510154501

ゴムを通して、完成。

Img_5613

Kawaii Collection   

少しの可愛い布で作れるからマスク作り楽しい!

着物の半襟の色合わせのようにちらっと見えるパイピングの色をあれこれ、考えるのも楽しい!

                       

 

 

 

 

| | コメント (2)

暮らしの中のMy work : キルト芯を使ったマスク 

Img_5670

3月にマスクを作ってみましたが、親戚からマスクをつけてくれた写真が届き、とてもうれしかったので、またまた作っていました。

前回を使ってみての改善ポイントをあげ、Version up。またまた親戚、家族用に作ってみました。これは、甥っ子ちゃん用。

前回のリネンのマスクはこちらパイピング仕立てのマスクはこちら

Img_5671

今回は、内側をすっきりさせたくて、裏布にキルト芯を接着させて、内蔵フィルター(自称)にしました。空間が確保されて、布が口元に当たることが少なくなったので、前回のものより楽です。

Img_5451

表布は、前回同様に準備しておきます。

裏布に張るキルト芯は手持ちのものでやってみて、よかったので、不足分を手芸屋さんに買いに行ったのですが、買い直したものは、厚すぎました。「スパイダー150」というのを40㎝購入しましたが、たぶん「スパイダー100」ぐらいの厚さでよいと思います。

Img_5453

裏布も変更しました。両脇の三つ折り部分が厚くなりすぎて、ごろごろして縫いにくいので、裏布は、2つ折りにすることに。

Img_5454

裏布の麻にキルト芯をアイロンで接着したところ。

Img_5462

縫い合わせた所。縫い代は、前回同様、切り込みを入れ、アイロンでしっかり割っておきます。ステッチを入れておくと、裏布も縫い代のごろつきを抑えられます。

Img_e5467

表布と裏布を中表に合わせます。(パイピング仕立ての場合は、表布と裏布を縫い合わせる前に表布にパイピング テープを縫い付けておきます。次の記事で紹介します。)1~2㎜裏布の縫い代を多めにしておくと、その分表布の方が大きくなり、裏布を控えられます。

Img_5672

両端を三つ折り(表布のみ)し、ミシンでステッチすればミシンがけはおしまい。

前回、作った時は、マスク用ゴムがなかったけれど、今回は、手に入りました。

きちんとゴムを両脇に通して、出来上がり。

Img_5675

親戚家族に送った子供用、女性用、男性用。みんなに手作りプレゼントをしたのは、初めて。

 

| | コメント (0)

2020年5月 8日 (金)

The Roses :Jubile Imperial 2020

D7k_8777-1

Rosa 'Jubile Imperial' HT France,Andre Eve 2012 May.6.2020

ジュビレアンぺリアル咲いています。昨年よりも今年は色が濃い感じ。2019年の様子はこちら

D7k_8759-1

咲き出した時の様子              May.2.2020

D7k_8781-1

横から見た所                 May.6.2020

D7k_8834-1

                     May.7.2020

D7k_8854-1

ベランダのバラの中で一番若く、旺盛に咲いています。

D7k_8849-1

                      May.7.2020

今日は、花瓶に挿して、飾りました。

D7k_8858-1 

ラ フランス姉さんと一緒に。

| | コメント (0)

2020年5月 5日 (火)

The Roses : La France 2020

Img_5498

Img_5502

Rosa ’La France’ HT  Guillot,France,1867  May.2.2020

 5月2日、朝起きると、明るいピンクが目に飛び込みました。 

D7k_8769-1  

咲き進むとライオンの鬣のように広がります。

Img_5607

Pearl Pinkのリバーシブル。Damaskの香り。繰り返し咲き。

’La France'という名前が付くだけあって、いいバラだな、と思います。

  

  

 

| | コメント (0)

2020年4月25日 (土)

暮らしの中のMy work : カーテンの修理 

Img_e5402

”Oak Tree" D.H.Dearle   Sanderson(En)

家のカーテンがさすがに傷んできました。1997年に購入しているので、もう23年経過。

モリス商会のD.H.DearleのデザインでSanderson社から販売されていたもの。紹介した記事はこちら

洗濯の時に、傷めてしまい、開閉の時に触る縁が破れてしまいました。

とても気に入っているので、がっかり。生地も黄ばみ、コットンも摩耗、しょうがないとわかっていてもとりあえず、また下げて使っていました。

先日、別の目的で購入し、使わなかったSage色のバイアス テープ。カーテンの縁にまち針で留めてみると、いい!、Good idea!

●材料

バイアス テープ ぐるっとふちどり 幅18㎜ 8.5m CP33 色番591 Captain社製

Img_e5429

このバイアス テープは、両折タイプになっていて、微妙に1㎜ぐらい幅が変えてあります。

ミシンで縫う面を幅が狭い方にしカーテンの縁にかぶせ、まち針で留めました。

こうすると、縫った時に裏は絶対に縫い目がバイアステープから落ちることなく、縫えます。

Img_e5408

今回、最初は、しつけしてから普通のミシン押さえで縫っていったのですが、少しひきつったようになったので押さえを変えました。先日、購入したブラザーのウォーキング フットというものに変えると、きれいに平らにバイアス テープがカーテンの縁に縫い付けられました。

Img_e5410

カーテンのフックと裾のウェイトが入っている部分は、ミシンで縫えないので、手でまつり縫いしました。

Img_e5413

バイアス テープの端は折り込んで仕上げています。

Img_e5428

完成。

Img_e5447

心配だったカーテンの端が補強されました。

しばらくは、これで良さそう。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年4月23日 (木)

Container gardening : ふんわりパンジー

 

Img_5159

Pansy  Waraku apricot imp       Apr.3.2020

昨年12月にサカタのタネホームセンターで入手した小輪パンジー わらくアプリコット。

D7k_8739-1

Today                                                           Apr.23.2020

現在はちょっとピークを過ぎたかな、とは思いますが、今もがんばって咲いています。

Img_5158

                         Apr.3.2020

対で飾っているもう一方の方。こちらの色味の方がオレンジが入っている色合い。

D7k_8740-1

Today

かなりオレンジの色味が強くなってきています。

Img_4364

First                     Dec. 12.2019

最初植えこんだ時。昨年12月。

パンジー一株の両側にツルニチニチソウ。後ろに斑入りヤブラン。

このパンジーは、「冬も花上がりがいい。」というのが売りということで一冬、様子を見ていました。

確かに、低温期にも花が切れることはありませんでした。(今回は暖冬でもありましたが。)

タキイのパンジーで「インぺリアル アプリコット シェード」という品種があります。それと色の感じは似ています。花径は少し小さめのパンジーといった大きさ。

D7k_8742-1

バラやクレマチスも茂ってきています。ウォールバスケットは、バラの開花前後にペチュニアの入ったものに交換する予定。

| | コメント (0)

2020年4月20日 (月)

暮らしの中のMy work : キルティングのソファ カヴァー

Img_5286

SOULEIADO Petasson            

 プリントのソレイアードの生地。いろいろな柄がパッチワークしたようにプリントされています。

ラベンダーやヒスイ色のような地色の部分が特に好きで、手芸屋さんで何度も眺めていたもの。

家で過ごす時間が長くなりそうなので、腰を据えてこの布をソファカバーに仕立てるプロジェクトを実行することに。

およそ2m四方あれば、いいので110㎝幅4.2m(柄合わせがあるので少し多めに)準備。

Img_5288

布は、水通しして(収縮させておくため)干し、アイロンで平らに整え、長さを半分に裁断。

柄合わせをし、中表に合わせ、布端をミシンで縫いました。

Img_5290

ミシンで縫い合わせた所。どこが縫い目かわかりませんね。これでおよそ幅215㎝になりました。

Img_5292

裏布は、ミルクココア色の幅105㎝のシーチング。長さ210㎝を2枚、同じように中心で接ぎました。

Img_5293

表布の幅の方が広いので、両端一模様ずつ〈一模様10㎝+布端1㎝×2)切り落としました。

Img_5298 

およそ2m弱四方になった表布の下にキルティング綿(幅200㎝のもの)、裏布を重ねたところ。

なんだか、昔、実家にあったこたつ布団を思い出しました。

Img_5299

ネットで調べると、3枚を合わせる仮止めに安全ピンを使うといいというアイディアが紹介されていましたので、持っているものをすべて使い、中心から放射状に留めていきました。

それから、中心から放射状にしつけ糸で仮止めをしていきました。

Img_5307

Walking foot    F033                                  BROTHER

ミシンの押さえを「ウォーキング フット」というものに変えました。自分のミシンに取り付けられるかお店に確認して、送ってもらいました。

名前のようにトコトコ歩くように布を抑えては縫い進めるという優れもの。

革、ビニールクロス、ヴェルベット等を縫う時にも使えるそうです。

Img_5311

ゆっくり、中心から縫っていきました。家庭用の普通のミシンなので、アームも天板も狭いのですが、なんとか縫う前に布を折りたたみ、ミシンを動かすと大丈夫でした。

プリントの模様の境目をキルティング。縦、横ともにゆっくりステッチ5㎜で仕上げていきました。

 

Img_5375

端の処理は、バイアス テープでくるむつもりでしたが、裏布が一回り表布よりも大きかったので、裏布の端で包み込むようにすることに。

余分な綿をカット。

 

Img_5377

2.5㎝幅に裏布の幅を切りそろえ、

Img_5378

アイロンで折り山を整えしつけ糸で仮止めしました。角は、くるむ角下ななめ線のところが谷折り線。そこから1㎝水平線をとったころで、カットすれば、額縁仕立てに出来ます。

Img_5379

ミシンで縫う前に額縁仕立ての部分、手縫い糸ではしごまつりをして縫い留めておきました。

このあと、ゆっくり裏布の端をミシンでぐるっと縫い、

D7k_8728-1

完成。

D7k_8729-1  

いつもは、グリーン系と白でインテリアの布の色は、まとめていましたが、ラベンダー色の花の色が家の中にも入ってきた感じになりました。

ソレイアードのプリントの源はインド更紗。

父がインドの布をお土産によく買ってきたので、このプリントに使われている模様に懐かしさを感じます。

なんだか座ると眠たくなりそうです。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年4月12日 (日)

暮らしの中のMy work : クロシェ バケツ バック 2 ライナー仕上げ

Img_5266-2

Liner     Kichen cloth  IKEA

先日作ったかぎ針編みのバケツ型バック。バックの編み方はこちら

ライナーとしてあれこれ、手持ちの布を入れてどれにしようか迷った挙句、本人の希望でこのコットンのイケアのキッチン クロスに決定。太目のストライプがすっきりして夏用のバックに合うものにしました。

Photo_20200412205901

色画用紙で型紙を作りました。イメージは、マチ付き巾着を作る感じ。

完成したバックのサイズを測り、ライナーの布は縫い代を1㎝つけるつもりで、仮縫いして、微妙なサイズ調節しました。

このバックは、図中黄色のサイズが実寸。それに縫い代を入れた型紙を作りました。

縦は、上辺に2㎝の折り返しを取っています。

底は、輪にして裁断しました。

Img_5246

キッチンクロスの裏に固めの接着芯をアイロンで張りました。

型紙を当て、裁断。

両脇をミシンでに縫います。

Img_5250

アイロンで縫い代を割り、底のマチを縫います。

Img_5251

ライナーが完成。芯を張っているので、形がしっかりしています。

Img_5255

まち針で仮止めして手縫い糸でまつっていきます。

Img_5252

今回、初めて使った優れものの針。カーブ針というそうです。

動画サイトで外国の人が使っているのを見て、使い勝手がいいので、この作業用に購入しました。

ライナーの折り目をすくうのに便利。以前、この作業の時、真っ直ぐな針だと布をすくう時、縫い目が緩んでしまいました。

この針があると、糸がしまって、きれいにまつることが出来ました。

Img_5261

ということで、ライナーがあることで、編み地がだらっとしがちなクロシェのバックもしっかり形が整いました。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年4月10日 (金)

暮らしの中のMy work : クロシェ バケツ バック 1

Img_e5276

Crochet bucket bag

お家にいる時間に片づけをしたり、作りかけのものをもう一度、頑張って仕上げたりとなかなか、普段では諦めていることを最近、やっています。これもその一つ。やっと完成したクロシェのバック。娘のために昨夏、編みだしていたのですが、何だか気に入らないで、ストップしていたもの。

Img_5155

こちらが今一つ、しっくりこなかったもの。細編みで編んだ円形の底が波打っていたことや、口を紐で引き締めてもバックの厚みがあり、こぶりにならなかったことが、だめだめで、放置状態。

赤いジュートの糸は、娘のリクエスト。染めていたないジュートは無印良品のジュートを使っています。

時間があるので、海外の動画サイトも見て、仕上げ方の参考にさせてもらい、やっと完成。

Img_5150

編み始めは15目鎖編み。一段目は細編みをぐるりと一周編み、両端に2目ずつ細編みを入れ、34目編み入れます。2段目以降、各段両端で増し目6目を入れていきます。10段めで88目になります。長い方が28㎝ぐらい、横が16㎝ぐらい。

Img_5156

11段め以降増し目なしで、ぐるぐる編むとバッグの底が立ち上がり、側面が出来てきます。17段目まで編み、えんじ色のジュートに糸を替え、側面を同じように編んでいきます。えんじ色3玉使えるだけ使い、33段めまで編み、無染色のジュートに再び、糸を変えました。えんじ色の部分は12㎝ぐらい。

Img_5209-2

上部の部分は、細編みを各段で引き返し編みします。

Img_5211

6段目の時、両端に真鍮のDリングを編み入れます。3目をリングに入れました。残り2段編み、終了。

Img_5222

はと目を打ち込みます。前面の中心を確認し、そこを軸に対称に穴の位置を均等に振り分けました。88目÷8=11目.

11目ごとにハトメを入れました。

Img_5260

革ひもを入れて、ばね式の留め具を入れました。

Img_5268-2

ストラップは、HOBIRA & HOBIRAで見つけた革のストラップ。長さを調節できるもの。

ライナーは次の記事で。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

暮らしの中のMy work : Boy's baby kitting accessories

Img_5121-2

Aran cap & mitten                     

息子が1歳の冬用に編んで、着けさせていた帽子とミトン。

アラン模様が好きで、前から挑戦していたので、赤ちゃん用で縄編みが入るこのデザインが気に入り、製図通りに編んだもの。

中細の毛糸に同色のモヘアを混ぜて編みました。

製図は、日本ヴォーグ社から出された『赤ちゃんのセーターメモリー』という本から。

他にもこの本にのっていたベスト2種類を娘が生まれる前に編み、冬生まれの赤ちゃんに備えていたことを久しぶりに本をめくりながら思い出した。

Img_5120-2

こちらは、少し大きくなってからの帽子とマフラー。

こちらは、オリジナル デザイン。

マフラーなんて動き回るので、いらないような年頃ですが、真冬の北海道に帰省するので、マフラーも作ってみました。

片方の端を輪にして、もう一方の端をそこに入れることで、マフラーが落ちるのを防ぐようにしました。

 Img_5090

先日、その子が家を離れるので、紅茶のポットを準備していたら、ポット カバーも彼用に作ってやろう思い、尋ねると、この帽子と同じ色合いをリクエストしました。

残り毛糸を見ると、ちょうど、Tea Cozyが編めるだけは、あったので、編み、持たせました。

毛糸を使い切り、彼もようやく本日より独り立ち。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

«Ecological Steps : 蜜蝋ラップ :Beeswax wrap