2019年7月21日 (日)

季節のBlooming flower : えんじ色のダリア

Img_e3588

Dahlia Cav.                 July.20.2019

昨年の秋にポット苗で購入したダリア。モリモリ咲いてきました。えんじ色ですが、先が白くなっていくのが、おしゃれでしょ。

昨年秋、寒くなるにつれ、地上部が枯れていきました。メキシコ原産なので、低温化では、休眠します。

芋のような塊茎と呼ばれるものが土の中には、残っていたので、掘り起こして保存しておきました。といっても鉢皿の上にのせていただけですが。

それを春が訪れたころに、とりあえず小さな鉢の中の土に埋めておくと、発芽し、茎葉が出てきました。

D7k_8321

Petunia、Dahlia                June.5.2019

ペチュニアと寄せ植えにすることにして、大きな鉢に植え込みました。この時は、まだあまり大きくなかったのですが、今やペチュニアが負けそうなくらい葉や蕾を茂らせるまでに大きくなっていきました。

Img_3589

今やこんな感じ。

Img_3615-2

最近の日照不足な中でもどうにか、蕾をたくさんあげてびっくり。

Img_3616-2

一本の茎に四方八方に花茎を伸ばすので、南の太陽に花が向いて咲き方ではありません。

それが、日照不足のせいなのか、ダリアの習性なのか…これから観察しながら知っていこうと思います。

取りあえず、立派な生長をしているので、うれしい。

ちょっとうどん粉病が出ているので、今日はスプレー式の薬剤を散布しておきました。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年7月 1日 (月)

季節のBlooming flower : Holly hock 2019

Img_3537

Althea rosea                                           June.15.2019

子どもの時に住んでいた場所の花壇にタチアオイが咲いていました。遊んでいると、近所のおじさんがこのタチアオイの花びらを一枚取って、付け根の厚みのところをはいで、ねとねとした粘液を利用して、鼻につけ、「ニワトリ!」ってやって見せてくれました。

しばらくは、この花が咲いている頃は、毎年、そんな遊びをしていました。

Img_3534

高さ2.5mぐらいは生長しました。現在は、咲き終わり、昨日株元からカット。

今年の花は、終わり。こぼれ種を周辺に振りまき、いつの間にか、場所を移動しながら、成長しています。

Img_3538

この中心が赤くグラデーションしている所が、好き。

洋風なイメージですが、万葉集にも詠まれているタチアオイは、少なくとも奈良時代には日本で見ることができたよう。原産は中国や中近東当たりということなので、シルクロードを伝わって、種の大きなタチアオイは、日本に持ち込まれたのかもしれない。

日本の絵画の中でも桃山時代から江戸時代にかけての襖絵や屏風絵にも描かれているのを時々見かけます。

逆円錐形にすっと高く伸びた姿や大ぶりなシンプルな花、葉の形も五裂で形がいいので、「絵になる植物」として昔から愛されてきたのでしょう。

私は、子どもの時の思い出とともにこの植物は好きですが、時々、拒否反応を示す人もいます。

不思議な魅力のタチアオイ。

 

| | コメント (0)

2019年6月30日 (日)

Crafts for living : 漆の弁当箱

D7k_8254

漆塗り二段弁当箱           木曽      よし彦

ずっと、使っていた曲げわっぱのお弁当箱。ご飯が美味しく、無塗装の木肌はご飯が美味しく食べられ、職場でお昼を食べても家庭の味たゆったり食べられる良さを楽しんでいました。けれどとうとう、黒ずんだり、ふたの側面が木目に沿って割れてしまいました。

今、空前の曲げわっぱブームのような気がしますが、いろいろ考えてみて、次のお弁当箱は、木曽の漆工房 よし彦 の栓の木をくりぬいて作った箱に漆を塗りこんだ「拭き漆」仕上げのお弁当箱にしました。表面の漆により、木肌を守る効果があり、長く使えると思います。

プラスチック製のものに比べ、こちらもゆっくりご飯を食べられる気がします。

D7k_8256_20190629193101

D70mm×W165mm×H75mm

細身の2段なので、カバンの中にすっぽり入れることができるサイズ。栓の木は下駄などにもつかわれてきた材で、軽い材です。漆を塗ると欅の木目にも似ています。

Img_3544

2段のうち浅い方の底の角は、重ねるための窪みが彫られているので、重ねた時にきれいに収まるように作られています。

また、ふたの内側(右下)も加工が施されています。材を張り合わせたりしていない一木造なので、丈夫な造りです。

D7k_8263

私は、上段にご飯、下段におかずを入れます。時々、おかずが上段の底についてしまうことがあるので、詰める時注意しています。

Img_3546-2

お箸箱は、前は使っていなかったけれど、このお弁当箱を使うようになってから欲しくなり近所で見つけました。硬いマホガニー(紫檀)を刳りぬき加工しているもの。

海外で日本向けに作られたものでしょう。お箸箱自体、日本オリジナルなものかな?

D7k_8262_20190630060801

お弁当包みは、京都の手拭い屋さん「むす美」の刺し子の布巾。たまたま、ヒカリエで京都のものを紹介しているときに見つけたもの。

風合いと色が気に入っています。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月29日 (土)

Veranda Garden : ムクゲ 2019

D7k_8376-2

Hibiscus syriacus         June.29,2019

’Rose of Sharon’と呼ばれるムクゲ。八重咲の’桃花笠’という品種を鉢植えで育てています。

ポツリぽつりと毎日のように咲き出しています。

D7k_8378-2

今年は、2月の下旬に用土を替えました。すると、いい枝ぶりで春先から生長。

ただし、ベランダの花台の上で育てていたので、花の大きさが小ぶり。もう一段上の逆梁の花台にのせた方が日当たりが良かったかも。

今年は、バラにその場所は、譲っているので、バラは、生育がいい。

2010年に挿し木苗で購入し、現在9年経過。

2012年の9月に咲いた時の写真は、もっと花径が大きいので、天候にも関係しているの。かもしてません。2012年9月の様子はこちら

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

Veranda Garden : アジサイ アナベルの鉢植え

D7k_8330   

Hydrangea arborescens 'Annabelle'             June.15.2019

地下茎を伸ばして株を大きくするアジサイ’アナベル’少し根のついた枝をもらって植木鉢で育ててきたもの。

今までベランダの端っこに置いてあまり陽もあたらないところに置いていたのですが、今年は、場所を移動し、用土も変えていたので、順調に生長し、ふんわり枝葉を伸ばし、咲き始めました。

D7k_8327

D7k_8332_2

アナベルの装飾花の小さめなところや、剪定が春先の萌芽前までいつでもいいところなど、手入れが楽なところもいいですね。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

Visiting a garden : 明月院 Bright Moon Hermitage

Img_3484 

Meigetsu-in      Kamakura    June.14.2019

あじさい寺として有名な明月院に行きました。アジサイの時期なので、平日早めと思い、朝の9時には到着。でも有名な山門までの階段の景色は人込みでした。淡い水色のアジサイに囲まれながら、いい写真もとれずに本堂に。予備知識もなく訪れたわけですが、本堂前は枯山水の庭が作られていました。臨済宗の禅寺の塔頭(僧の住む住居)として整備された今の建築、庭園。

古くは、この地に1160年に平治の乱で戦死した山内首藤俊通の供養のために子の経通が明月庵を作らせたのが始まりとされます。見渡せば鎌倉特有の砂岩質の山肌を掘り、やぐらも見えました。鎌倉では最大級の横穴式墳墓。国の史跡に指定されています。

その後、この地は北条家のものとなり、「最明寺(さいみょうじ)」が作られました。そして南宋から来た僧、蘭渓道隆(らんけい どうりゅう)により、「禅興寺(ぜんこうじ)」として開山。室町時代に1380年には、足利氏が上杉氏に伽藍を整備させ、寺域を拡大させたようです。開山は密室守厳禅師。

Meigetuinn

「明月院絵図」紙本淡彩(南北朝時代)国重要文化財 (拝観券図版より)

「明月庵」は塔頭として「明月院」として整備され、その頃の面影が今の姿に至っているようです。残されている絵を現在の様子と比べると、右下に今は存在しない塔があったことが分かります。

しかしその後、明治初年廃仏毀釈の流れの中で「禅興寺」自体は廃寺となったそうです。

そのような歴史を持つ明月院は、アジサイを戦後、杭のかわりに植えていったそうです。

Img_3528

Hydrangea Macrophylla subsp.serrata var.amoena

フワっと澄んだ水色のアジサイが道の両側にいっぱい大きく生長し、今は満開。別天地にいるような気持になりました。

寺では、剪定した枝を挿し木にして、このアジサイを育苗していました。挿し木をしてから開花する株になるまで、4,5年かかるそうです。

その作業を何十年も繰り返してきた業の末に、この別天地がここに生まれたのです。

帰ってからこのアジサイの品種を調べると、ホンアジサイと呼ばれるガクアジサイ系とエゾアジサイの交雑種ということが分かりました。

牧野富太郎が昭和の最初の頃、日本の植物を調査した時に、信越地方でこの交雑したアジサイを見つけ、「ヒメアジサイ」と命名したそうです。

そういえば、西洋アジサイを路地植えにして今、あちらこちらで色々な色のアジサイを見かけますが、それに比べ、「線が細い。」といった印象。それは、装飾花の厚みが薄く、一つの装飾花の直径も2㎝ぐらいとこぶりでした。

葉に関しても、つやのない薄手の葉です。

東国と鎌倉の幾たびにもわたる戦いがあった中で、植物は昔から交雑したものが生まれていたと思うと、意味深い感じがします。

また上杉氏は越後の国に移ったので、このヒメアジサイはそのあたりから持ってきた特に美しい品種のアジサイなのかもしれません。これは、私の想像ですが。

以前、明月院を訪れた人の感想を聞いた時、「あそこのアジサイは他とは違うのよね。」と言っていたことを思い出します。

Img_3499

Iris ensata var.ensata

本堂後ろには、庭園があり、ここも公開になっていました。花しょうぶが満開のまたまた別天地。

なかなか、満開の菖蒲園に行けることは今までも少なく、ラッキー。

Img_3504

Acer palmatum

秋になると紅葉するモミジ。今は新緑が美しい。脇の山から水が流れてきており、紅葉にはうれしい環境。

Img_3506

苔の生えている場所の緑陰も美しい。

思い切って、出かけ、満足。ここから、歩いて若宮大路で蕎麦をいただき、鬼頭天薫堂でお香を求め、寿福寺、和田塚に手を合わせ、江ノ電へ。15000歩の1day tripでした。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

Visiting a garden : パリジャンの庭

Img_3369-2

Vacance de Parisian    Laurent Borniche May.19.2019

今年からスタートしたNHKエデュケーショナル主催の「ばら フェスタ」に5月に行ってきました。

この催しが「国際バラとガーデニング ショウ」終了後の新たなバラの展示会となっていく催しのようです。バラの生産各社の新品種や切り花の新品種発表の場がメインの展示となっていました。

国バラの時にいつも楽しみにしていたローラン・ボーニッシュさんの展示があったのでうれしかったです。

今回のお庭は、「パリジャンのヴァカンス」

Img_3384

自然に囲まれた田舎の家でのんびりソファに寝そべりながら過ごすような感じ。

右側のテーブルには、クルミやブドウ、リンゴなどが盛られ、つまめるような位置に置かれています。

 Img_3374

向って右側には、光を集めるようにローランさんならではのバラのブーケが飾られていました。

Img_3379-2_1

右脇には、デルバール社のバラ ’フラゴナール’が壁に沿って置かれていました。

フラゴナールは、フランスのロココの時代の宮廷画家。この明るめの濃いピンクは、可愛い。

Img_3388-2

裏手には、温室がありました。

Img_3395

左側から温室内を見た所。ゼラニュームは、深紅のカリオペでしょう。

バラはデルバールの’ギー・サヴォア’こちらも赤よりも朱味によった和名でいえば、紅がかったバラ。

Img_3393 

ローランさんならではのビバーナムやリョウブを入れた丸いブーケ。

こちらは、温室になっている花屋さんといった設定のよう。

アジサイやシャクヤクなどの初夏の美しい花々がたくさん置かれ、満足満足。

ローランさんの活けたお花は、切り花であっても活き活きと咲いている姿を見せてくれ、フレッシュな気持ちにさせてくれます。

横浜の大桟橋ふ頭の展示スペースで行われたばら・フェスタ。横浜市主催の「横浜ローズウィーク」も周辺で開催しており、JR関内駅で降りて、日本大通りの園芸店のテントを見ながら、大桟橋ふ頭、それから山下公園のバラ園等眺めながら、園芸三昧の一日でした。最後は中華街へ。

「国際バラとガーデニング ショウ」の雰囲気を拡大し、太陽の元でバラの花を愛でることのできる催しになっていますので、おすすめです。

これから、横浜で開催が継続されるなら、横浜市民の私にとってはうれしい限りです。

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

The Roses : Moonlight 2019

D7k_8214_1

Rosa 'Moonlight'  Hybrid Musk Pemberton En  May.18.2019

 ベランダで育てて、22年目のバラ ’ムーン ライト’。今年も開花しました。

昔の記事はこちら

D7k_8241

香りはほとんどないけれど、房咲きに咲くところや葉色の明るいグリーンが部屋の中からベランダを見た時にそよそよと風に揺れてきれいです。

D7k_8220

今までは、ウィスキーの樽に植えていたのですが、2年前から底が抜けてきて土がもれるようになり、バラの生育も悪くなっていました。昨年は、あまり花が咲かなかったので、今年の2月に手持ちの大鉢に植え替えました。

多少、オベリスクの支柱の径をすぼめるようにしないと入らなかったのですが、なんとか設置できました。

土の流出もなく、落ち着いて春の芽だしから生育できたので、こじんまりと花を咲かせることができました。

1997年から新苗で育ててきたもので、振り返るとこの間のことのようにここにバラを置いたことを思い出します。

いろいろ、枯らしてバラもあったけれど、このバラは育ててた期間が最長のバラとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

The Roses : バラとクレマチス 2019

 D7k_8314-2

Clematis 'Pretty pinwheel' & Petunia  'Surfinia series Lavender race' 

 June.1.2019

クレマチスがたくさん咲きました。2016年に国バラで苗を購入し、3年目。

ペチュニアは、サフィニアのラベンダーレース。

D7k_8310-2

ポンポンと咲いているのはバラ ’ホワイト ドロシー パーキンス’。

今年3月にラティスの桟の部分をペイントしたので、イメージが明るくなりました。

D7k_8316

もうちょっとバラは、つぼみがあったけれど虫に食べられてしまったよう。

D7k_8320

真ん中に置いたコニファー’ムーン ライト’の青味のグリーンとラティスの色が似ています。

 

 

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

The Roses : アカデミー オルレアン

D7k_8204

Rosier ’Academie d’Orleans     Andre Eve   May.18.2019

 毎年、この時期になると国際バラとガーデニングショーが開催され、早起きして西部ドームまで出かけました。今朝も「もうそろそろ、」と思い、ネットで調べると、今年の1月付けで閉幕するとの発表がされていたようでした。知らなかった。

2008年には、自分もガーデンデザインでコンテストに参加した思い出がありますし、とにかく新旧取り混ぜたバラの品種を一堂に見、香りを嗅ぎ、大満足のイベントでした。

このバラも2016年に国バラで新苗で購入したもので、日本で初お目見えのAndre Eve社のものでした。

D7k_8190

植えてから、3年目。ひらひらと重なる花びらは少しウエーブがかかっています。黄味の強いレモンイエローで香りはティー系の香りが強いです。娘は、ダマスク香より、こちらの方が好きと言います。

Img_3308-2

                     May.13.2019

今年最初に咲いた時の写真。上に伸びる枝と横に伸びる枝とあります。2018年は、5月と10月に開花をしました。

 

Img_3314

周りには、エリゲロンやゲラニウム、ヒューケラ、クレマチスが一緒に植えてあります。

D7k_8194

今朝から咲いた紫色のクレマチス 'プリティ- ピンフィール’。補色対比の効果でこの品種を植えていますが、ちょっと一番花は、フェードしてきてしまいました。

バラのつぼみもクレマチスのつぼみもまだいっぱいあるので、もう少し、いい写真が取れたらアップしたいです。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土)

The Roses : ジュビレ アンペリアル

D7k_8062

Rosa ”Jubile imperial"   2012 Andre Eve France May.9.2019

フランスのバラ、ジュビレ アンペリアルの一番花。大きく今年は咲きました。

中心にかけてピンクの色が少しサーモンがかった色に変化していきます。甘く熟れた梨の香りがします。

今年は、豊作。蕾が上がってからも寒い日があったり、風が強い日もあり、心配しましたが、開花してきました。

昨年は、蕾が上がってからの寒の戻りで、蕾が枯れてしまい、一番花の一番いいつぼみが咲かせられなかったのですが、今年は、やったー。2018年の様子はこちら

D7k_7976

咲き始めは、こんな感じ。

D7k_8073

2月の上旬、土替えを行っています。今年は、原点回帰の配合にしました。

昔使っていたバーク堆肥を久しぶりに使ってみました。

葉色、量、蕾の数、花の大きさ等、ゆとりの生育をしたような感じがします。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月27日 (土)

Maintenance : 眼鏡チェーンの修理

 D7k_7864-2 

3年前ぐらいから、仕事で作業する時に、近くが見えにくくなってきました。失敗してはいけないので、Reading glassを使うようになりました。眼鏡はドイツのEchenbachのもの。これは、2つめ。1つめを購入した時に、バロックパールの入ったビーズの眼鏡チェーンを見つけ、首から眼鏡を下げながら、必要な時にかけています。

D7k_7862 

チェーンを眼鏡のつるに取り付けるのに、シリコンの輪が使われています。チェーンをどこかに引っかけて、この部分が抜けてしまい、どこかに飛んでいってしまいました。

これを取り扱っていそうな近所のお店はなかったし、ネットで見ると、50個単位だったり・・・。

D7k_7863-2

先日、みなとみらいのMark'sにアクセサリーのパーツを売っているお店があり、立ち寄って店員さんに聞くと、「ありますよ!」との答え。

わーい!ということで、シリコン2つ、その他、丸環などが入ったものを購入できました。

金属が、Goldのものもありました。家で早速直し眼鏡チェーン復活。

D7k_7865-2

後、これはサングラスにつけている眼鏡チェーン。サングラスもかけたり、外したり案外忙しい。そこで、旅行先の松山の雑貨屋さんで見つけたフランスの方が作ったという眼鏡チェーンを取り付けることにしました。

これは、耳元で垂れるあたりのチェーンのパーツが大きく、イヤリングをしているようにも見える作りになっています。また首回りは皮紐で髪の毛にひっかかったりしないようになっています。よく考えられています。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月25日 (木)

About Pottery : 緑釉の片口鉢

D7k_7852

実家からもらった小鉢。緑釉の溶けて色が変わっていくところが封じ込められていて、なんともきれい。

D7k_7847

30年前ぐらいに母もご近所からいただいたもの。6寸鉢。

ちょうど、今が旬の新じゃがの子芋の揚げ煮などをこの鉢に入れると、小料理屋さんのお惣菜みたいになります。

D7k_7848

この片口と呼ばれる部分から煮汁などを注げますが、あまり使いません。でもとても上手く片口がつけられています。

たぶん、西日本の焼き物なので、画像検索しながらどこのものか調べてみました。

D7k_7900-3

高台部分の素焼きの色は、ベージュ色。きめが細かい。

形は、バランスよく作られています。

島根県の石見焼。窯もここではないか、というところもありますが、間違っていたら失礼なので、書きません。

今年の夏、玉造温泉に行くことに決めたので、向こうに行って焼き物をたくさん見比べて、この鉢がどこのものか調べたいと思っています。

 

| | コメント (0)

2019年4月22日 (月)

暮らしの中のMy Work : 裂布のキッチン・マット3

D7k_7899

シーツを裂いて編んだキッチン マット。ようやく完成。

ガーター編みでどっしりした厚みのあるものが出来ました。この記事のパート1パート2もどうぞ。

D7k_7882-3

素足で踏むと、凹凸の編み地が、気持ちいい。

家族が、もったいない、といいますが、本当は捨てようかな、と思っていた破れたシーツ。

再利用となって、布の繊維を最後まで使い切るつもりで、役目を終えてもらいたい。

D7k_7883-2

サイズは、40㎝×85㎝。シーツ2枚で取れるサイズ。

D7k_7886-2

85㎝と微妙なサイズにしたのは、玄関マットでもいいかな、と思ったので。

よく、外国で作られたマットは、2㌳×3㌳(60㎝×90㎝)で作られていますが、少し、幅が余ってしまします。

日本の住宅用には、少し小さ目で作ってもらうといいのですが。

D7k_7881-3

コットンの肌触りも気持ちよく、汚すのがもったいないので、撥水性スプレーをかけておきました。

 

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

About Pottery : 象嵌のある皿

D7k_7841

 結婚のお祝いに近所の方に2枚いただいた皿。

どうやって、作っていくのかとか、どこの産地なのか分からないまま、使っていました。

はじめは、ピンとこなかったけれど、使い始めてこの皿に料理を盛るとすごくおいしそうに見えることがわかり、贈ってくれた方の意図がわかったというお皿。

しかし、気に入っていたのに、一枚割ってしまいました。

D7k_7842

残念に思って、いただいた時の包装紙が「クロワッサンのお店」のものであったので、神戸のクロワッサンのお店にお願いして同じ皿を4枚頼みました。右が最初にいただいたもの。左が後から購入したもの。作り手が違う様で、模様のイメージが違います。

その時、韓国の新聞紙に包まれてきたので、このお皿が、韓国で焼かれたものなのかな、と思うようになりました。

D7k_7836

日本の小原焼や小鹿田焼きの飛び鉋で模様を作るところと似ていますが、これはさらにそこに白い化粧土が詰められています。そして、全体に釉薬がかかっています。

D7k_7837

ん~。この裏を見ると、焦げ茶色の陶土に灰釉薬をかけ、白い化粧土で、ぐるりと刷毛で縁を塗っているよう。

やっぱり、分からない。

インターネットで似たような焼き物を探すと『高麗三島手』と日本で呼ばれている焼き物と似ていることに気付きました。

これが本当なら、私の好きな焼き物は源流までさかのぼっていたのかと思うと、感慨深いです。

 

| | コメント (0)

«About Pottery : 唐津の粉引